妙法蓮華経化城喩品第七


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

妙法蓮華経化城喩品第七

 仏、諸の比丘に告げたまわく、乃往過去無量無辺不可思議阿僧祇劫、爾の時に仏いましき、大通智勝如来・応供・正遍知・明行足・善逝・世間解・無上士・調御丈夫・天人師・仏・世尊と名く。其の国を好成と名け、劫を大相と名く。諸の比丘、彼の仏の滅度より已来、甚だ大に久遠なり。譬えば三千大千世界の所有の地種を、仮使人あって磨り以て墨と為し、東方千の国土を過ぎて乃ち一点を下さん、大さ微塵の如し。又千の国土を過ぎて復一点を下さん。是の如く展転して地種の墨を尽くさんが如き、汝等が意に於て云何。是の諸の国土を、若しは算師若しは算師の弟子、能く辺際を得て其の数を知らんや不や。不也、世尊。諸の比丘、是の人の経る所の国土の、若しは点せると点せざるとを、尽く抹して塵となして、一塵を一劫とせん。彼の仏の滅度より已来、復是の数に過ぎたること無量無辺百千万億阿僧祇劫なり。我如来の知見力を以ての故に、彼の久遠を観ること猶お今日の如し。
 爾の時に世尊、重ねて此の義を宣べんと欲して、偈を説いて言わく、
  我過去世の 無量無辺劫を念うに
  仏両足尊いましき 大通智勝と名く
  人あって力を以て 三千大千の土を磨って
  此の諸の地種を尽くして 皆悉く以て墨となし
  千の国土を過ぎて 乃ち一の塵点を下さん
  是の如く展転し点して 此の諸の塵墨を尽くさんが如し
  是の如き諸の国土の 点せると点せざると等を
  復尽く抹して塵となし 一塵を一劫とせん
  此の諸の微塵の数に 其の劫復是れに過ぎたり
  彼の仏の滅度より来 是の如く無量劫なり
  如来の無碍智 彼の仏の滅度
  及び声聞菩薩を知ること 今の滅度を見るが如し
  諸の比丘当に知るべし 仏智は浄くして微妙に
  無漏無所碍にして 無量劫を通達す
 仏、諸の比丘に告げたまわく、
 大通智勝仏は寿五百四十万億那由他劫なり、其の仏本道場に坐して、魔軍を破し已って、阿耨多羅三藐三菩提を得たもうに垂んとするに、而も諸仏の法現在前せず。是の如く一小劫乃至十小劫、結跏趺坐して心身動したまわず。而も諸仏の法猶お在前せざりき。爾の時に・利の諸天、先より彼の仏の為に菩提樹下に於て師子座を敷けり、高さ一由旬。仏此の座に於て当に阿耨多羅三藐三菩提を得たもうべしと。適めて此の座に坐したもう。時に諸の梵天王、衆の天華を雨らすこと、面ごとに百由旬なり。香風時来って萎める華を吹き去って、更に新しき者を雨らす。是の如く絶えず十小劫を満てて仏を供養す。乃至滅度まで常に此の華を雨らしき。四王の諸天、仏を供養せんが為に常に天鼓を撃つ。其の余の諸天、天の伎楽を作すこと十小劫を満つ。滅度に至るまで亦復是の如し。
 諸の比丘、大通智勝仏十小劫を過ぎて諸仏の法乃し現在前して、阿耨多羅三藐三菩提を成じたまいき。
 其の仏未だ出家したまわざりし時に十六の子あり。其の第一をば名を智積という。諸子各種々の珍異玩好の具あり。父阿耨多羅三藐三菩提を成ずることを得たもうを聞いて、皆所珍を捨てて仏所に往詣す。諸母涕泣して随って之を送る其の祖転輪聖王、一百の大臣及び余の百千万億の人民と、皆共に圍繞し随って道場に至る。咸く大通智勝如来に親近して、供養・恭敬・尊重・讃歎したてまつらんと欲し、到り已って頭面に足を礼し、仏を繞り畢已って一心に合掌し、世尊を瞻仰して偈を以て頌して曰さく、
  大威徳世尊 衆生を度せんが為の故に
  無量億歳に於て 爾して乃し成仏することを得
  諸願已に具足したまえり 善哉吉無上
  世尊は甚だ希有なり 一び坐して十小劫
  身体及び手足 静然として安じて動せず
  其の心常に憺泊にして 未だ曾て散乱あらず
  究竟して永く寂滅し 無漏の法に安住したまえり
  今者世尊の 安穏に仏道を成じたもうを見て
  我等善利を得 称慶して大に歓喜す
  衆生は常に苦悩し 盲冥にして導師なし
  苦尽の道を識らず 解脱を求むることを知らずして
  長夜に悪趣を増し 諸天衆を減損す
  冥きより冥きに入り 永く仏の名を聞かず
  今仏最上 安穏無漏の法を得たまえり
  我等及び天人 これ最大利を得たり
  是の故に咸く稽首して 無上尊を帰命したてまつる
 爾の時に十六王子、偈をもって仏を讃め已って、世尊に法輪を転じたまえと勧請し、咸く是の言を作さく、
 世尊、法を説きたまえ、安穏ならしむる所多からん。諸天人民を憐愍し饒益したまえ。
 重ねて偈を説いて言さく、
  世雄は等倫なし 百福をもって自ら荘厳し
  無上の智慧を得たまえり 願わくは世間の為に説いて
  我等 及び諸の衆生の類を度脱し
  為に分別し顕示して 是の智慧を得せしめたまえ
  若し我等仏を得ば 衆生亦復然ならん
  世尊は衆生 深心の所念を知り
  亦所行の道を知り 又智慧力を知しめせり
  欲楽及び修福 宿命所行の業
  世尊悉く知しめし已れり 当に無上輪を転じたもうべし
 仏、諸の比丘に告げたまわく、
 大通智勝仏阿耨多羅三藐三菩提を得たまいし時、十方各五百万億の諸仏世界六種に震動し、其の国の中間幽冥の処、日月の威光も照すこと能わざる所、而も皆大に明かなり。其の中の衆生各相見ることを得て、咸く是の言を作さく、
 此の中に云何ぞ忽ちに衆生を生ぜる。
 又其の国界の諸天の宮殿乃至梵宮まで六種に震動し、大光普く照して世界に遍満し、諸天の光に勝れり。爾の時に東方五百万億の諸の国土の中の梵天の宮殿、光明照曜して常の明に倍れり。諸の梵天王各是の念を作さく、
 今者宮殿の光明昔より未だ有らざる所なり。何の因縁を以て此の相を現ずる。
 是の時に諸の梵天王即ち各相詣って共に此の事を議す。而も彼の衆の中に一りの大梵天王あり、救一切と名く。諸の梵衆の為に偈を説いて言わく、
  我等が諸の宮殿 光明昔より未だ有らず
  此れは是れ何の因縁ぞ 宜しく各共に之を求むべし
  大徳の天の生ぜるとやせん 仏の世間に出でたまえるとやせん
  而も此の大光明 遍く十方を照す
 爾の時に五百万億の国土の諸の梵天王、宮殿と倶に、各衣・を以て諸の天華を盛って、共に西方に詣いて是の相を推尋するに、大通智勝如来の道場菩提樹下に処し師子座に坐して、諸天・龍王・乾闥婆・緊那羅・摩・羅伽・人非人等の恭敬圍繞せるを見、及び十六王子の仏に転法輪を請するを見る。即時に諸の梵天王、頭面に仏を礼し繞ること百千・して、即ち天華を以て仏の上に散ず、其の所散の華須弥山の如し。竝に以て仏の菩提樹に供養す。其の菩提樹高さ十由旬なり。華の供養已って、各宮殿を以て彼の仏に奉上して、是の言を作さく、
 唯我等を哀愍し饒益せられて、所献の宮殿願わくは納処を垂れたまえ。
 時に諸の梵天王、即ち仏前に於て一心に声を同じゅうして、偈を以て頌して曰さく、
  世尊は甚だ希有にして 値遇すること得べきこと難し
  無量の功徳を具して 能く一切を救護し
  天人の大師として 世間を哀愍したもう
  十方の諸の衆生 普く皆饒益を蒙る
  我等が従り来る所は 五百万億の国なり
  深禅定の楽を捨てたることは 仏を供養せんが為の故なり
  我等先世の福あって 宮殿甚だ厳飾せり
  今以て世尊に奉る 唯願わくは哀んで納受したまえ
 爾の時に諸の梵天王、偈をもって仏を讃め已って、各是の言を作さく、
 唯願わくは世尊、法輪を転じて
衆生を度脱し、涅槃の道を開きたまえ。
 時に諸の梵天王、一心に声を同じゅうして、偈を説いて言さく、
  世雄両足尊 唯願わくは法を演説し
  大慈悲の力を以て 苦悩の衆生を度したまえ
 爾の時に大通智勝如来、黙然として之を許したもう。又諸の比丘、東南方五百万億の国土の諸の大梵王、各自ら宮殿の光明照曜して昔より未だ有らざる所なるをもって、歓喜踊躍し希有の心を生じて、即ち各相詣って共に此の事を議す。時に彼の衆の中に一りの大梵天王あり、名を大悲という。諸の梵衆の為に偈を説いて言わく、
  是の事何の因縁あって 此の如き相を現ずる
  我等が諸の宮殿 光明昔より未だ有らず
  大徳の天の生ぜるとやせん 仏の世間に出でたまえるとやせん
  未だ曾て此の相を見ず 当に共に一心に求むべし
  千万億の土を過ぐとも 光を尋ねて共に之を推せん
  多くは是れ仏の世に出でて 苦の衆生を度脱したもうならん
 爾の時に五百万億の諸の梵天王、宮殿と倶に、各衣・を以て諸の天華を盛って、共に西北方に詣いて是の相を推尋するに、大通智勝如来の道場菩提樹下に処し師子座に坐して、諸天・龍王・乾闥婆・緊那羅・摩・羅伽・人非人等の恭敬圍繞せるを見、及び十六王子の仏に転法輪を請ずるを見る。
 時に諸の梵天王、頭面に仏を礼し繞ること百千・して、即ち天華を以て仏の上に散ず。所散の華須弥山の如し。竝に以て仏の菩提樹に供養す。華の供養已って、各宮殿を以て彼の仏に奉上して、是の言を作さく、
 唯我等を哀愍し饒益せられて、諸献の宮殿願わくは納処を垂れたまえ。
 爾の時に諸の梵天王、即ち仏前に於て一心に声を同じゅうして、偈を以て頌して曰さく、
  聖主天中天 迦陵頻伽の声をもって
  衆生を哀愍したもう者 我等今敬礼す
  世尊は甚だ希有にして 久遠に乃し一たび現じたもう
  一百八十劫 空しく過ぎて仏いますことなし
  三悪道充満し 諸天衆減少せり
  今仏世に出でて 衆生の為に眼となり
  世間の帰趣する所として 一切を救護し
  衆生の父と為って 哀愍し饒益したもう者なり
  我等宿福の慶あって 今世尊に値いたてまつることを得たり
 爾の時に諸の梵天王、偈をもって仏を讃め已って、各是の言を作さく、
 唯願わくは世尊、一切を哀愍して法輪を転じ衆生を度脱したまえ。
 時に諸の梵天王、一心に声を同じゅうして、偈を説いて言さく、
  大聖法輪を転じて 諸法の相を顕示し
  苦悩の衆生を度して 大歓喜を得せしめたまえ
  衆生此の法を聞かば 道を得若しは天に生じ
  諸の悪道減少し 忍善の者増益せん
 爾の時に大通智勝如来、黙然として之を許したもう。
 又諸の比丘、南方五百万億の国土の諸の大梵王、各自ら宮殿の光明照曜して昔より未だ有らざる所なるを見て、歓喜踊躍し希有の心を生じて、即ち各相詣って共に此の事を議す。何の因縁を以て、我等が宮殿此の光曜ある。
 而も彼の衆の中に一りの大梵天王あり、名を妙法という。諸の梵衆の為に偈を説いて言わく、
  我等が諸の宮殿 光明甚だ威曜せり
此れ因縁なきにあらじ 是の相宜しく之を求むべし
  百千劫を過ぐれども 未だ曾て是の相を見ず
  大徳の天の生ぜるとやせん 仏の世間に出でたまえるとやせん
 爾の時に五百万億の諸の梵天王、宮殿と倶に、各衣・を以て諸の天華を盛って、共に北方に詣いて是の相を推尋するに、大通智勝如来の道場菩提樹下に処し師子座に坐して、諸天・龍王・乾闥婆・緊那羅・摩・羅伽・人非人等の恭敬圍繞せるを見、及び十六王子の仏に転法輪を請ずるを見る。
 時に諸の梵天王、頭面に仏を礼し繞ること百千・して、即ち天華を以て仏の上に散ず。所散の華須弥山の如し。竝に以て仏の菩提樹に供養す。華の供養已って、各宮殿を以て彼の仏に奉上して、是の言を作さく、
 唯我等を哀愍し饒益せられて、諸献の宮殿願わくは納処を垂れたまえ。
 爾の時に諸の梵天王、即ち仏前に於て一心に声を同じゅうして、偈を以て頌して曰さく、
  世尊は甚だ見たてまつり難し 諸の煩悩を破したまえる者なり
  百三十劫を過ぎて 今乃ち一たび見たてまつることを得
  諸の飢渇の衆生に 法雨を以て充満したもう
  昔より未だ曾て覩ざる所の 無量の智慧者なり
  優曇波羅の如くにして 今日乃ち値遇したてまつる
  我等が諸の宮殿 光を蒙るが故に厳飾せり
  世尊大慈悲をもって 唯願わくは納受を垂れたまえ
 爾の時に諸の梵天王、偈をもって仏を讃め已って、各是の言を作さく、
 唯願わくは世尊、法輪を転じて、一切世間の諸天・魔・梵・沙門・婆羅門をして皆安穏なることを獲、而も度脱することを得せしめたまえと。
 時に諸の梵天王、一心に声を同じゅうして、偈を以て頌して曰さく、
  唯願わくは天人尊 無上の法輪を転じ
  大法の鼓を撃ち 大法の螺を吹き
  普く大法の雨を雨らして 無量の衆生を度したまえ
我等咸く帰請したてまつる 当に深遠の音を演べたもうべし
 爾の時に大通智勝如来、黙然として之を許したもう。西南方乃至下方も亦復是の如し。爾の時に上方五百万億の国土の諸の大梵王、皆悉く自ら所止の宮殿の光明威曜して、昔より未だあらざる所なるを覩て、歓喜踊躍し希有の心を生じて、即ち各相詣って共に此の事を議す。何の因縁を以て、我等が宮殿斯の光明ある。
 而も彼の衆の中に一りの大梵天王あり、名を尸棄という。諸の梵衆の為に偈を説いて言わく、
  今何の因縁を以て 我等が諸の宮殿
  威徳の光明曜き 厳飾せること未曾有なる
  是の如きの妙相は 昔より未だ聞き見ざる所なり
  大徳の天の生ぜるとやせん 仏の世間に出でたまえるとやせん
 爾の時に五百万億の諸の梵天王、宮殿と倶に、各衣・を以て諸の天華を盛って、共に下方に詣いて是の相を推尋するに、大通智勝如来の道場菩提樹下に処し師子座に坐して、諸天・龍王・乾闥婆・緊那羅・摩・羅伽・人非人等の恭敬圍繞せるを見、及び十六王子の仏に転法輪を請ずるを見る。
 時に諸の梵天王、頭面に仏を礼し繞ること百千・して、即ち天華を以て仏の上に散ず。所散の華須弥山の如し。竝に以て仏の菩提樹に供養す。華の供養已って、各宮殿を以て彼の仏に奉上して、是の言を作さく、
 唯我等を哀愍し饒益せられて、所献の宮殿願わくは納処を垂れたまえ。
 時に諸の梵天王、即ち仏前に於て一心に声を同じゅうして、偈を以て頌して曰さく、
  善哉諸仏 救世の聖尊を見たてまつるに
  能く三界の獄より 諸の衆生を勉出したもう
  普智天人尊 群萌類を哀愍し
  能く甘露の門を開いて 広く一切を度したもう
  昔の無量劫に於て 空しく過ぎて仏いますことなし
  世尊未だ出でたまわざりし時は 十方常に闇瞑にして
  三悪道増長し 阿修羅亦盛んなり
  諸天衆転た減じ 死して多く悪道に堕つ
  仏に従いたてまつりて法を聞かずして 常に不善の事を行じ
  色力及び智慧 斯れ等皆減少す
  罪業の因縁の故に 楽及び楽の想を失い
  邪見の法に住して 善の儀則を識らず
  仏の所化を蒙らずして 常に悪道に堕つ
  仏は世間の眼と為って 久遠に時に乃し出でたまえり
  諸の衆生を哀愍したもう
 故に世間に現じ
  超出して正覚を成じたまえり 我等甚だ欣慶す
  及び余の一切の衆も 喜んで未曾有なりと歎ず
  我等が諸の宮殿 光を蒙るが故に厳飾せり
  今以て世尊に奉る 唯哀みを垂れて納受したまえ
  願わくは此の功徳を以て 普く一切に及ぼし
  我等と衆生と 皆共に仏道を成ぜん

 爾の時に五百万億の諸の梵天王、偈をもって仏を讃め已って、各仏に白して言さく、
 唯願わくは世尊、法輪を転じたまえ。安穏ならしむる所多く、度脱したもう所多からん。
 時に諸の梵天王、而も偈を説いて言さく、
  世尊法輪を転じ 甘露の法鼓を撃って
  苦悩の衆生を度し 涅槃の道を開示したまえ
  唯願わくは我が請を受けて 大微妙の音を以て
  哀愍して 無量劫に習える法を敷演したまえ
 爾の時に大通智勝如来、十方の諸の梵天王及び十六王子の請を受けて、即時に三たび十二行の法輪を転じたもう。若しは沙門・婆羅門、若しは天・魔・梵、及び余の世間の転ずること能わざる所なり。謂わく是れ苦・是れ苦の集・是れ苦の滅・是れ苦滅の道なり。
 及び広く十二因縁の法を説きたもう。無明は行に縁たり、行は識に縁たり、識は名色に縁たり、名色は六入に縁たり、六入は触に縁たり、触は受に縁たり、受は愛に縁たり、愛は取に縁たり、取は有に縁たり、有は生に縁たり、生は老死憂悲苦悩に縁たり。無明滅すれば則ち行滅す、行滅すれば則ち識滅す、識滅すれば則ち名色滅す、名色滅すれば則ち六入滅す、六入滅すれば則ち触滅す、触滅すれば則ち受滅す、受滅すれば則ち愛滅す、愛滅すれば則ち取滅す、取滅すれば則ち有滅す、有滅すれば則ち生滅す、生滅すれば則ち老死憂悲苦悩滅す。
 仏、天人大衆の中に於て、是の法を説きたまいし時、六百万億那由他の人、一切の法を受けざるを以ての故に、而も諸漏に於て心解脱を得、皆深妙の禅定・三明・六通を得、八解脱を具しぬ。第二・第三・第四の説法の時も、千万億恒河沙那由他等の衆生、亦一切の法を受けざるを以ての故に、而も諸漏に於て心解脱を得。是れより已後、諸の声聞衆無量無辺にして称数すべからず。爾の時に十六王子、皆童子を以て出家して沙弥と為りぬ。諸根通利にして智慧明了なり。已に曾て百千万億の諸仏を供養し、浄く梵行を修して、阿耨多羅三藐三菩提を求む。倶に仏に白して言さく、
 世尊、是の諸の無量千万億の大徳の声聞は、皆已に成就しぬ。世尊、亦当に我等が為に阿耨多羅三藐三菩提の法を説きたもうべし。我等聞き已って皆共に修学せん。世尊、我等如来の知見を志願す。深心の所念は仏自ら証知したまわん。爾の時に転輪聖王の所將の衆中八万億の人、十六王子の出家を見て亦出家を求む。王即ち聴許しき。爾の時に彼の仏、沙弥の請を受けて、二万劫を過ぎ已って、乃ち四衆の中に於て是の大乗経の妙法蓮華・教菩薩法・仏所護念と名くるを説きたもう。是の経を説き已って、十六の沙弥、阿耨多羅三藐三菩提の為の故に、皆共に受持し諷誦・通利しき。是の経を説きたまいし時、十六の菩薩沙弥皆悉く信受す。声聞衆の中にも亦信解するあり。其の余の衆生の千万億種なるは皆疑惑を生じき。是の経を説きたもうこと、八千劫に於て未だ曾て休廃したまわず。此の経を説き已って、即ち静室に入って禅定に住したもうこと八万四千劫。
 是の時に十六の菩薩沙弥、仏の室に入って寂然として禅定したもうを知って、各法座に昇って亦八万四千劫に於て、四部の衆の為に広く妙法華経を説き分別す。
一一に皆六百万億那由他恒河沙等の衆生を度し、示教利喜して阿耨多羅三藐三菩提の心を発さしむ。大通智勝仏八万四千劫を過ぎ已って、三昧より起って法座に往詣し、安詳として坐して、普く大衆に告げたまわく、
 是の十六の菩薩沙弥は甚だこれ希有なり。諸根通利にして智慧明了なり。已に曾て無量千万億数の諸仏を供養し、諸仏の所に於て常に梵行を修し、仏智を受持し、衆生に開示して其の中に入らしむ。汝等皆当に数数親近して之を供養すべし。所以は何ん、若し声聞・辟支仏及び諸の菩薩、能く是の十六の菩薩の所説の経法を信じ、受持して毀らざらん者、是の人は皆当に阿耨多羅三藐三菩提の如来の慧を得べし。
 仏諸の比丘に告げたまわく、
 是の十六の菩薩は常に楽って是の妙法蓮華経を説く。一一の菩薩の所化の六百万億の那由他恒河沙等の衆生は、世世に生まるる所菩薩と倶にして、其れに従い法を聞いて悉く皆信解せり。此の因縁を以て四万億の諸仏世尊に値いたてまつることを得、今に尽きず。諸の比丘、我今汝に語る、彼の仏の弟子の十六の沙弥は今皆阿耨多羅三藐三菩提を得、十方の国土に於て現在に法を説きたもう。無量百千万億の菩薩・声聞あって以て眷属とせり。其の二りの沙弥は東方にして作仏す。一を阿・と名け歓喜国にいます、二を須弥頂と名く。東南方に二仏、一を師子音と名け、二を師子相と名く。南方に二仏、一を虚空住と名け、二を常滅と名く。西南方に二仏、一を帝相と名け、二を梵相と名く。西方に二仏、一を阿弥陀と名け、二を度一切世間苦悩と名く。西北方に二仏、一を多摩羅跋栴檀香神通と名け、二を須弥相と名く。北方に二仏、一を雲自在と名け、二を雲自在王と名く。東北方の仏を壊一切世間怖畏と名く。第十六は我釈迦牟尼仏なり。娑婆国土に於て阿耨多羅三藐三菩提を成ぜり。諸の比丘、我等沙弥たりし時、各各に無量百千万億恒河沙等の衆生を教化せり。我に従って法を聞きしは阿耨多羅三藐三菩提を為しにき。此の諸の衆生今に声聞地に住せる者あり。我常に阿耨多羅三藐三菩提に教化す。是の諸人等、是の法を以て漸く仏道に入るべし。所以は何ん、如来の智慧は信じ難く解し難ければなり。爾の時の所化の無量恒河沙等の衆生は、汝等諸の比丘及び我が滅度の後の未来世の中の声聞の弟子是れなり。我が滅度の後、復弟子あって是の経を聞かず、菩薩の所行を知らず覚らず、自ら所得の功徳に於て、滅度の想を生じて当に涅槃に入るべし。我余国に於て作仏して更に異名あらん。是の人滅度の想を生じて涅槃に入ると雖も、而も彼の土に於て仏の智慧を求め是の経を聞くことを得ん。唯仏乗を以て滅度を得、更に余乗なし。諸の如来の方便説法をば除く。諸の比丘、若し如来自ら涅槃時到り衆又清浄に、信解堅固にして空法を了達し、深く禅定に入れりと知りぬれば、便ち諸の菩薩及び声聞衆を集めて、為に是の経を説く。世間に二乗として滅度を得るあることなし。唯一仏乗をもって滅度を得る耳。比丘当に知るべし、如来の方便は深く衆生の性に入れり。其の小法を志楽し深く五欲に著するを知って、是れ等の為の故に涅槃を説く。是の人若し聞かば則便信受す。
 譬えば五百由旬の険難悪道の曠かに絶えて人なき怖畏の処あらん。若し多くの衆あって、此の道を過ぎて珍宝の処に至らんと欲せんに、一りの導師あり。聡慧明達にして、善く険道の通塞の相を知れり。衆人を将導して此の難を過ぎんと欲す。所将の人衆中路に懈怠して、導師に白して言さく、
 我等疲極にして復怖畏す、復進むこと能わず。前路猶お遠し、今退き還らんと欲すと。
 導師諸の方便多くして、是の念を作さく、
 此れ等愍むべし。云何ぞ大珍宝を捨てて退き還らんと欲する。
 是の念を作し已って、方便力を以て、険道の中に於て三百由旬を過ぎ、一城を化作して、衆人に告げて言わく、
 汝等怖るることなかれ、退き還ること得ることなかれ。今此の大城、中に於て止って意の所作に随うべし。若し是の城に入りなば快く安穏なることを得ん。若し能く前んで宝所に至らば亦去ることを得べし。
 是の時に疲極の衆、心大に歓喜して未曾有なりと歎ず。
 我等今者斯の悪道を免れて、快く安穏なることを得つ。是に衆人前んで化城に入って、已度の想を生じ安穏の想を生ず。
 爾の時に導師、此の人衆の既に止息することを得て復疲倦無きを知って、即ち化城を滅して、衆人に語って、汝等去来宝処は近きに在り。向の大城は我が化作する所なり、止息せんが為のみと言わんが如し。諸の比丘、如来も亦復是の如し。今汝等が為に大導師と作って、諸の生死・煩悩の悪道、険難長遠にして去るべく度すべきを知れり。若し衆生但一仏乗を聞かば、則ち仏を見んと欲せず、親近せんと欲せじ。便ち是の念を作さん、仏道は長遠なり。久しく勤苦を受けて乃し成ずることを得べし。
 仏是の心の怯弱下劣なるを知しめして、方便力を以て、中道に於て止息せんが為の故に、二涅槃を説く。若し衆生二地に住すれば、如来爾の時に即ち為に説く、
 汝等は所作未だ弁ぜず。汝が所住の地は仏慧に近し。当に観察し籌量すべし。所得の涅槃は真実に非ず。但是れ如来方便の力をもって、一仏乗に於て分別して三と説く。
 彼の導師の止息せんが為の故に大城を化作し、既に息み已んぬと知って、之に告げて、
 宝所は近きに在り、此の城は実に非ず、我が化作ならくのみと言わんが如し。
 爾の時に世尊、重ねて此の義を宣べんと欲して、偈を説いて言わく、
  大通智勝仏 十劫道場に坐したまえども
  仏法現前せず 仏道を成ずることを得たまわず
  諸天神龍王 阿修羅衆等
  常に天華を雨らして 以て彼の仏に供養す
  諸天天鼓を撃ち 竝に衆の伎楽を作す
  香風萎める華を吹いて 更に新しき好き者を雨らす
  十小劫を過ぎ已って 乃ち仏道を成ずることを得たまえり
  諸天及び世人 心に皆踊躍を懐く
  彼の仏の十六の子 皆其の眷属
  千万億の圍繞せると 倶に仏所に行き至って
  頭面に仏足を礼して 転法輪を請ず
  聖師子法雨をもって 我及び一切に充てたまえ
  世尊は甚だ値いたてまつり難し 久遠に時に一たび現じ
  群生を覚悟せんが為に 一切を震動したもう
  東方の諸の世界 五百万億国の
  梵の宮殿光曜して 昔より未だ曾て有らざる所なり
  諸梵此の相を見て 尋ねて仏所に来至し
  華を散じて以て供養し 竝に宮殿を奉上し
  仏に転法輪を請じ 偈を以て讃歎す
  仏時未だ至らずと知しめして 請を受けて黙然として坐したまえり
  三方及び四維 上下亦復爾なり
  華を散じ宮殿を奉り 仏に転法輪を請ず
  世尊は甚だ値いたてまつり難し 願わくは大慈悲を以て
  広く甘露の門を開き 無上の法輪を転じたまえ
  無量慧の世尊 彼の衆人の請を受けて
  為に種々の法 四諦十二縁を宣べたもう
  無明より老死に至るまで 皆生縁に従って有り
  是の如き衆の過患 汝等応当に知るべし
  是の法を宣暢したもう時 六百万億・
  諸苦の際を尽くすことを得て 皆阿羅漢と成る
  第二の説法の時 千万恒沙の衆
  諸法に於て受けずして 亦阿羅漢を得
  是れより後の得度 其の数量あることなし
  万億劫に算数すとも 其の辺を得ること能わじ
  時に十六王子 出家し沙弥と作って
  皆共に彼の仏に 大乗の法を演説したまえと請ず
  我等及び営従 皆当に仏道を成ずべし
  願わくは世尊の如く 慧眼第一浄なることを得ん
  仏童子の心 宿世の所行を知しめして
  無量の因縁 種々の諸の譬喩を以て
  六波羅蜜 及び諸の神通の事を説き
  真実の法 菩薩所行の道を分別して
  是の法華経の 恒河沙の如き偈を説きたまいき
  彼の仏経を説きたまい已って 静室にして禅定に入り
  一心にして一処に坐したもうこと 八万四千劫
  是の諸の沙弥等 仏の禅より未だ出でたまわざるを知って
  無量億の衆の為に 仏の無上慧を説く
  各各に法座に坐して 是の大乗経を説き
  仏宴寂の後に於て 宣揚して法化を助く
  一一の沙弥等の 度する所の諸の衆生
  六百万億 恒河沙等の衆あり
  彼の仏の滅度の後 是の諸の聞法の者
  在在諸仏の土に 常に師と倶に生ず
  是の十六の沙弥 具足して仏道を行じて
  今現に十方に在って 各正覚を成ずることを得たまえり
  爾の時の聞法の者 各諸仏の所にあり
  其の声聞に住することあるは 漸く教うるに仏道を以てす
  我十六の数にあって 曾て亦汝が為に説きき
  是の故に方便を以て 汝を引いて仏慧に趣かしむ
  是の本因縁を以て 今法華経を説いて
  汝をして仏道に入らしむ 慎んで驚懼を懐くこと勿れ
  譬えば険悪道の 迥かに絶えて毒獣多く
  又復水草なく 人の怖畏する所の処あらん
  無数千万の衆 此の険道を過ぎんと欲す
  其の路甚だ曠遠にして 五百由旬を経
  時に一りの導師あり 強識にして智慧あり
  明了にして心決定せり 険きにあって衆難を済う
  衆人皆疲倦して 導師に白して言さく
  我等今頓乏せり 此れより退き還らんと欲す
  導師是の念を作さく 此の輩甚だ愍むべし
  如何ぞ退き還って 大珍宝を失わんと欲する
  尋いで時に方便を思わく 当に神通力を設くべしと
  大城郭を化作して 諸の舎宅を荘厳す
  周・して園林 渠流及び浴池
  重門高楼閣あって 男女皆充満せり
  即ち是の化を作し已って 衆を慰めて言わく懼るること勿れ
  汝等此の城に入りなば 各所楽に随うべし
  諸人既に城に入って 心皆大に歓喜し
  皆安穏の想を生じて 自ら已に度することを得つと謂えり
  導師息み已んぬと知って 衆を集めて告げて
  汝等当に前進むべし 此れは是れ化城ならく耳
  我汝が疲極して 中路に退き還らんと欲するを見る
  故に方便力を以て 権に此の城を化作せり
  汝今勤め精進して 当に共に宝所に至るべしと言わんが如く
  我も亦復是の如し これ一切の導師なり
  諸の道を求むる者 中路にして懈廃し
  生死 煩悩の諸の険道を度すること能わざるを見る
  故に方便力を以て 息めんが為に涅槃を説いて
  汝等は苦滅し 所作皆已に弁ぜりと言う
  既に涅槃に到り 皆阿羅漢を得たりと知って
  爾して乃し大衆を集めて 為に真実の法を説く
  諸仏は方便力をもって 分別して三乗と説きたもう
  唯一仏乗のみあり 息処の故に二を説く
  今汝が為に実を説く 汝が所得は滅に非ず
  仏の一切智の為に 当に大精進を発すべし
  汝一切智 十力等の仏法を証し
  三十二相を具しなば 乃ち是れ真実の滅ならん
  諸仏の導師は 息めんが為に涅槃を説きたもう
  既に是れ息み已んぬと知れば 仏慧に引入したもう

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。