妙法蓮華経勧持品第十三


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

妙法蓮華経勧持品第十三

 爾の時に薬王菩薩摩訶薩及び大楽説菩薩摩訶薩、二万の菩薩眷属と倶に、皆仏前に於て是の誓言を作さく、
 唯願わくは世尊、以て慮いしたもうべからず。我等仏の滅後に於て当に此の経典を奉持し読誦し説きたてまつるべし。
後の悪世の衆生は善根転た少くして増上慢多く、利供養を貧り、不善根を増し、解脱を遠離せん。教化すべきこと難しと雖も、我等当に大忍力を起して、此の経を読誦し持説し書写し、種々に供養して身命を惜まざるべし。
 爾の時に衆中の五百の阿羅漢受記を得たる者、仏に白して言さく、世尊、我等亦自ら誓願すらく、異の国土に於て広く此の経を説かん、復学無学八千人の受記を得たる者あり。座より而も起って合掌し仏に向いたてまつりて、是の誓言を作さく、
 世尊、我等亦当に他の国土に於て広く此の経を説くべし。所以は何ん、是の娑婆国の中は人弊悪多く、増上慢を懐き功徳浅薄に、瞋濁諂曲にして心不実なるが故に。
 爾の時に仏の姨母摩訶波闍波提比丘尼、学無学の比丘尼六千人と倶に、座より而も起って一心に合掌し、尊顔を瞻仰して目暫くも捨てず。時に世尊、・曇弥に告げたまわく、
 何が故ぞ憂の色にして如来を視る。汝が心に将に我汝が名を説いて阿耨多羅三藐三菩提の記を授けずと謂うこと無し耶。・曇弥、我先に總じて一切の声聞に皆已に授記すと説きき、今汝記を知らんと欲せば、将来の世に当に六万八千億の諸仏の法の中に於て大法師と為るべし。及び六千の学無学の比丘尼も倶に法師と為らん。汝是の如く漸漸に菩薩の道を具して、当に作仏することを得べし。一切衆生喜見如来・応供・正遍知・明行足・善逝・世間解・無上士・調御丈夫・天人師・仏・世尊と号けん。・曇弥、是の一切衆生喜見仏及び六千の菩薩、転次に授記して阿耨多羅三藐三菩提を得ん。
 爾の時に羅・羅の母耶輸陀羅比丘尼、是の念を作さく、世尊、授記の中に於て独我が名を説きたまわず。仏、耶輸陀羅に告げたまわく、汝来世百千万億の諸仏の法の中に於て、菩薩の行を修し大法師と為り漸く仏道を具して、善国の中に於て当に作仏することを得べし。具足千万光相如来・応供・正遍知・明行足・善逝・世間解・無上士・調御丈夫・天人師・仏・世尊と号けん。仏の寿無量阿僧祇劫ならん。
 爾の時に摩訶波闍波提比丘尼及び耶輸陀羅比丘尼竝に其の眷属、皆大に歓喜し未曾有なることを得、即ち仏前に於て偈を説いて言さく、
  世尊導師 天人を安穏ならしめたもう
  我等記を聞いて 心安く具足しぬ
 諸の比丘尼是の偈を説き已って、仏に白して言さく、世尊、我等亦能く他方の国土に於て、広く此の経を宣べん。
 爾の時に世尊、八十万億那由他の諸の菩薩摩訶薩を視そなわす。是の諸の菩薩は皆是れ阿惟越致にして、不退の法輪を転じ、諸の陀羅尼を得たり。即ち座より起って仏前に至り一心に合掌して、是の念を作さく、若し世尊、我等に此の経を持説せよと告勅したまわば、当に仏の教の如く広く斯の法を宣ぶべし。
 復是の念を作さく、仏今黙然として告勅せられず。我当に云何がすべき。
 時に諸の菩薩、仏意に恭順し竝に自ら本願を満ぜんと欲して、便ち仏前に於いて師子吼を作して、誓言を発さく、世尊、我等如来の滅後に於て、十方世界に周旋往返して、能く衆生をして此の経を書写し、受持し読誦し、其の義を解説し、法の如く修行し、正憶念せしめん、皆是れ仏の威力ならん。唯願わくは世尊、他方に在すとも遥かに守護せられよ。
 即時に諸の菩薩倶に同じく声を発して、偈を説いて言さく。
  唯願わくは慮いしたもうべからず 仏の滅度の後
  恐怖悪世の中に於て 我等当に広く説くべし
  諸の無智の人 悪口罵詈等し
  及び刀杖を加うる者あらん 我等皆当に忍ぶべし
  悪世の中の比丘は 邪智にして心諂曲に
  未だ得ざるを為れ得たりと謂い 我慢の心充満せん
  或は阿練若に 納衣にして空閑に在って
  自ら真の道を行ずと謂うて 人間を軽賎する者あらん
  利養に貧著するが故に 白衣のために法を説いて
  世に恭敬せらるること 六通の羅漢の如くならん
  是の人悪心を懐き 常に世俗の事を念い
  名を阿練若に仮つて 好んで我等が過を出さん
  而も是の如き言を作さん 此の諸の比丘等は
  利養を貧るを為ての故に 外道の論議を説く
  自ら此の経典を作って 世間の人を誑惑す
  名聞を求むるを為ての故に 分別して是の経を説くと
  常に大衆の中に在って 我等を毀らんと欲するが故に
  国王大臣 婆羅門居士
  及び余の比丘衆に向って 誹謗して我が悪を説いて
  是れ邪見の人 外道の論議を説くと謂わん
  我等仏を敬うが故に 悉く是の諸悪を忍ばん
  斯れに軽しめて 汝等は皆是れ仏なりと謂われん
  此の如き軽慢の言を 皆当に忍んで之を受くべし
  濁劫悪世の中には 多くの諸の恐怖あらん
  悪鬼其の身に入って 我を罵詈毀辱せん
  我等仏を敬信して 当に忍辱の鎧を著るべし
  是の経を説かんが為の故に 此の諸の難事を忍ばん
  我身命を愛せず 但無上道を惜む
  我等来世に於て 仏の所嘱を護持せん
  世尊自ら当に知しめすべし 濁世の悪比丘は
  仏の方便 随宜所説の法を知らず
  悪口して・蹙し 数数擯出せられ
  塔寺を遠離せん 是の如き等の衆悪をも
  仏の告勅を念うが故に 皆当に是の事を忍べし
  諸の聚落城邑に 其れ法を求むる者あらば
  我皆其の所に到って 仏の所嘱の法を説かん
  我は是れ世尊の使なり 衆に処するに畏るる所なし
  我当に善く法を説くべし 願わくは仏安穏に住したまえ
  我世尊の前 諸の来りたまえる十方の仏に於て
  是の如き誓言を発す 仏自ら我が心を知しめせ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。