妙法蓮華経如来神力品第二十一


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

妙法蓮華経如来神力品第二十一

 爾の時に千世界微塵等の菩薩摩訶薩の地より涌出せる者、皆仏前に於て一心に合掌して尊顔を瞻仰して、仏に白して言さく、世尊我等仏の滅後、世尊分身所在の国土・滅度の処に於て、当に広く此の経を説くべし。所以は何ん、我等も亦自ら是の真浄の大法を得て、受持・読誦し解説し・書写して之を供養せんと欲す。爾の時に世尊、文殊師利等の無量百千万億の旧住娑婆世界の菩薩摩訶薩、及び諸の比丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷・天・龍・夜叉・乾闥婆・阿修羅・迦楼羅・緊那羅・摩・羅伽・人非人等の一切の衆の前に於て、大神力を現じたもう。広長舌を出して上梵世に至らしめ、一切の毛孔より無量無数色の光を放って、皆悉く遍く十方世界を照したもう。衆の宝樹下の師子座上の諸仏も亦復是の如く、広長舌を出し、無量の光を放ちたもう。釈迦牟尼仏及び宝樹下の諸仏神力を現じたもう時百千歳を満ず。然して後に還って舌相を摂めて、一時に謦・し倶共に弾指したもう。是の二つの音声、遍く十方の諸仏の世界に至って、地皆六種に震動す。其の中の衆生、天・龍・夜叉・乾闥婆・阿修羅・迦楼羅・緊那羅・摩・羅伽・人非人等、仏の神力を以ての故に、皆此の娑婆世界の無量無辺百千万億の衆の宝樹下の師子座上の諸仏を見、及び釈迦牟尼仏、多宝如来と共に宝塔の中に在して、師子の座に坐したまえるを見たてまつり、又無量無辺百千万億の菩薩摩訶薩及び諸の四衆の、釈迦牟尼仏を恭敬し圍繞したてまつるを見る。既に是れを見已って、皆大に歓喜して未曾有なることを得。即時に諸天、虚空の中に於て高声に唱えて言わく、
 此の無量無辺百千万億阿僧祇の世界を過ぎて国あり娑婆と名く。是の中に仏います、釈迦牟尼と名けたてまつる。今諸の菩薩摩訶薩の為に、大乗経の妙法蓮華・教菩薩法・仏所護念と名くるを説きたもう。汝等当に深心に随喜すべし。亦当に釈迦牟尼仏を礼拝し供養すべし。
 彼の諸の衆生、虚空の中の声を聞き已って合掌して娑婆世界に向って、是の如き言を作さく、
 南無釈迦牟尼仏、南無釈迦牟尼仏と。
 種々の華・香・瓔珞・幡蓋及び諸の厳身の具・珍宝・妙物を以て、皆共に遥かに娑婆世界に散ず。所散の諸物十方より来ること、譬えば雲の集まるが如し。変じて宝帳となって遍く此の間の諸仏の上に覆う。時に十方世界、通達無碍にして一仏土の如し。
 爾時に仏、上行等の菩薩大衆に告げたまわく、
 諸仏の神力は是の如く無量無辺不可思議なり。若し我是の神力を以て無量無辺百千万億阿僧祇劫に於て、嘱累の為の故に此の経の功徳を説かんに、猶お尽くすこと能わじ。要を以て之を言わば、如来の一切の所有の法・如来の一切の自在の神力・如来の一切の秘要の蔵・如来の一切の甚深の事、皆此の経に於て宣示顕説す。
是の故に汝等如来の滅後に於て、応当に一心に受持・読誦し解説・書写し説の如く修行すべし。所在の国土に、若しは受持・読誦し解説・書写し、説の如く修行し、若しは経巻所住の処あらん。若しは園中に於ても、若しは林中に於ても、若しは樹下に於ても、若しは僧坊に於ても、若しは白衣の舎にても、若しは殿堂に在っても、若しは山谷曠野にても、是の中に皆塔を起てて供養すべし。所以は何ん、当に知るべし、是の処は即ち是れ道場なり。諸仏此に於て阿耨多羅三藐三菩提を得、諸仏此に於て法輪を転じ、諸仏此に於て般涅槃したもう。
 爾の時に世尊、重ねて此の義を宣べんと欲して、偈を説いて言わく、
  諸仏救世者 大神通に住して
  衆生を悦ばしめんが為の故に 無量の神力を現じたもう
  舌相梵天に至り 身より無数の光を放って
  仏道を求むる者の為に 此の希有の事を現じたもう
  諸仏謦・の声 及び弾指の声
  周く十方の国に聞えて 地皆六種に動ず
  仏の滅度の後に 能く是の経を持たんを以ての故に
  諸仏皆歓喜して 無量の神力を現じたもう
  是の経を嘱累せんが故に 受持の者を讃美すること
  無量劫の中に於てすとも 猶故尽くすこと能わじ
  是の人の功徳は 無辺にして窮まりあることなけん
  十方虚空の 辺際を得べからざるが如し
  能く是の経を持たん者は 則ち為れ已に我を見
  亦多宝仏 及び諸の分身者を見
  又我が今日 教化せる諸の菩薩を見るなり

  能く是の経を持たん者は 我及び分身
  滅度の多宝仏をして 一切皆歓喜せしめ
  十方現在の仏 竝に過去未来
  亦は見亦は供養し 亦は歓喜することを得せしめん

  諸仏道場に坐して 得たまえる所の秘要の法
  能く是の経を持たん者は 久しからずして亦当に得べし

  能く是の経を持たん者は 諸法の義
  名字及び言辞に於て 楽説窮尽なきこと
  風の空中に於て 一切障碍なきが如くならん
  如来の滅後に於て 仏の所説の経の
  因縁及び次第を知って 義に随って実の如く説かん
  日月の光明の 能く諸の幽冥を除くが如く
  斯の人世間に行じて 能く衆生の闇を滅し
  無量の菩薩をして 畢竟して一乗に住せしめん

  是の故に智あらん者 此の功徳の利を聞いて
  我が滅度の後に於て 斯の経を受持すべし
  是の人仏道に於て 決定して疑あることなけん

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。