妙法蓮華経法師品第十


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

妙法蓮華経法師品第十

 爾の時に世尊、薬王菩薩に因せて八万の大士に告げたまわく、
 薬王、汝是の大衆の中の無量の諸天・龍王・夜叉・乾闥婆・阿修羅・迦楼羅・緊那羅・摩・羅伽・人と非人と及び比丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷の声聞を求むる者・辟支仏を求むる者・仏道を求むる者を見るや。是の如き等類、減く仏前に於て妙法華経の一偈一句を聞いて、乃至一念も随喜せん者は我皆記を与え授く。当に阿耨多羅三藐三菩提を得べし

 仏、薬王に告げたまわく
 又如来の滅度の後に、若し人あって妙法華経の乃至一偈・一句を聞いて一念も随喜せん者には、我亦阿耨多羅三藐三菩提の記を与え授く。
 若し復人あって妙法華経の乃至一偈を受持・読誦し解説・書写し、此の経巻に於て敬い視ること仏の如くにして、種々に華・香・瓔珞・抹香・塗香・焼香・・蓋・幢幡・衣服・妓楽を供養し、乃至合掌恭敬せん。
薬王当に知るべし、是の諸人等は、已に曽て十万億の仏を供養し、諸仏の所に於いて、大願を成就して、衆生を愍むが故に、此の人間に生ずるなり。薬王、若し人あって、何等の衆生か未来世に於て当に作仏することを得べきと問わば、示すべし、是の諸人等は未来世に於て必ず作仏することを得んと。何を以ての故に、若し善男子・善女人、法華経の乃至一句に於ても受持・読誦し解説・書写し、種種に経巻に華・香・瓔珞・抹香・塗香・焼香・・蓋・幢幡・衣服・妓楽を供養し、合掌恭敬せん。是の人は一切世間の贍奉すべき所なり。如来の供養を以て之を供養すべし。当に知るべし、此の人は是れ大菩薩の阿耨多羅三藐三菩提を成就して、衆生を哀愍し願って此の間に生れ、広く妙法華経を演べ分別するなり。何に況んや、尽くして能く受持し種々に供養せん者をや。薬王、当に知るべし、是の人は自ら清浄の業報を捨てて、我が滅度の後に於て、衆生を愍むが故に悪世に生れて広く此の経を演ぶるなり。若し是の善男子・善女人、我が滅度の後、能く窃かに一人の為にも法華経の乃至一句を説かん。当に知るべし、是の人は則ち如来の使なり。如来の所遣として如来の事を行ずるなり。何に況んや大衆の中に於て広く人の為に説かんをや。薬王、若し悪人あって不善の心を以て一劫の中に於て、現に仏前に於て常に仏を毀罵せん、其の罪尚お軽し。若し人一の悪言を以て、在家・出家の法華経を読誦する者を毀・せん、其の罪甚だ重し。薬王、其れ法華経を読誦すること有らん者は、当に知るべし、是の人は仏の荘厳を以て自ら荘厳するなり。則ち如来の肩に荷担せらるることを為ん。其の所至の方には随って向い礼すべし。一心に合掌し恭敬・供養・尊重讃歎し、華・香・瓔珞・抹香・塗香・焼香・・蓋・幢幡・衣服・肴膳をもってし、諸の妓楽を作し、人中の上供をもって之を供養せよ。天の宝を持って、以て之を散ずべし。天上の宝聚以て奉献すべし。所以は何ん、是の人歓喜して法を説かんに、須臾も之を聞かば即ち阿耨多羅三藐三菩提を究竟することを得んが故なり。
 爾の時に世尊、重ねて此の義を宣べんと欲して、偈を説いて言わく
  若し仏道に住して 自然智を成就せんと欲せば
  常に当に勤めて 法華を受持せん者を供養すべし
  其れ疾く 一切種智慧を得んと欲することあらんは
  当に是の経を受持し 竝に持者を供養すべし
  若し能く妙法華経を 受持することあらん者は
  当に知るべし仏の所使として 諸の衆生を愍念するなり

  諸の能く 妙法華経を受持することあらん者は
  清浄の土を捨てて 衆を愍むが故に此に生ずるなり
  当に知るべし是の如き人は 生ぜんと欲する所に自在なれば
  能く此の悪世に於て 広く無上の法を説くなり
  天の華香 及び天宝の衣服
  天上の妙宝聚を以て 説法者に供養すべし
  吾が滅後の悪世に 能く是の経を持たん者をば
  当に合掌し礼敬して 世尊に供養するが如くすべし
  上饌衆の甘美 及び種々の衣服をもって
  是の仏子に供養して 須臾も聞くことを得んと冀うべし
  若し能く後の世に於て 是の経を受持せん者は
  我遣わして人中にあらしめて 如来の事を行ぜしむるなり
  若し一劫の中に於て 常に不善の心を懐いて
  色を作して仏を罵らんは 無量の重罪を獲ん
  其れ 是の法華経を読誦し持つことあらん者に
  須臾も悪言を加えんは 其の罪復彼れに過ぎん
  人あって仏道を求めて 一劫の中に於て
  合掌し我が前にあって 無数の偈を以て讃めん
  是の讃仏に由るが故に 無量の功徳を得ん
  持経者を歎美せんは 其の福復彼れに過ぎん
  八十億劫に於て 最妙の色声
  及与香味触を以て 持経者に供養せよ
  是の如く供養し已って 若し須臾も聞くことを得ば
  則ち自ら欣慶すべし 我今大利を獲つと
  薬王今汝に告ぐ 我が所説の諸経
  而も此の経の中に於て 法華最も第一なり
 爾の時に仏、復薬王菩薩摩訶薩に告げたまわく、
 我が所説の経典無量千万億にして、已に説き今説き当に説かん。而も其の中に於て此の法華経最も為れ難信難解なり。薬王此の経は是れ諸仏の秘要の蔵なり。分布して妄りに人に授与すべからず。諸仏世尊の守護したもう所なり。昔より已来未だ曽て顕説せず。而も此の経は如来の現在すら猶お怨嫉多し、況んや滅度の後をや。薬王当に知るべし、如来の滅後に其れ能く書持し読誦し供養し、他人の為に説かん者は、如来則ち衣を以て之を覆いたもうべし。又他方の現在の諸仏に護念せらるることを為ん。是の人は大信力及び志願力・諸善根力あらん。当に知るべし、是の人は如来と共に宿するなり。則ち如来の手をもって其の頭を摩でたもうを為ん。薬王、在在処処に若しは説き若しは読み若しは誦し若しは書き若しは経巻所住の処には、皆七宝の塔を起て極めて高広厳飾ならしむべし。復舎利を安ずることを須いず。所以は何ん。此の中には已に如来の全身います。此の塔をば一切の華・香・瓔珞・・蓋・幢幡・妓楽・歌頌を以て、供養・恭敬・尊重・讃歎したてまるつべし。若し人あって此の塔を見たてまつることを得て礼拝し供養せん。当に知るべし、是等は皆阿耨多羅三藐三菩提に近づきぬ。薬王、多く人あって在家・出家の菩薩の道を行ぜんに、若し是の法華経を見聞し読誦し書持し供養すること得ること能わずんば、当に知るべし、是の人は未だ善く菩薩の道を行ぜざるなり。若し是の経典を聞くこと得ることあらん者は、乃ち能善菩薩の道を行ずるなり。其れ衆生の仏道を求むる者あって、是の法華経を若しは見、若しは聞き、聞き已って信解し受持せば、当に知るべし、是の人は阿耨多羅三藐三菩提に近づくことを得たり。
 薬王、譬えば人あって渇乏して水を須いんとして、彼の高原に於て穿鑿して之を求むるに、猶お乾ける土を見ては水尚お遠しと知る。功を施すこと已まずして、転た湿える土を見、遂に漸く泥に至りぬれば、其の心決定して水必ず近しと知らんが如く、菩薩も亦復是の如し。若し是の法華経を未だ聞かず、未だ解せず、未だ修習すること能わずんば、当に知るべし、是の人は阿耨多羅三藐三菩提を去ること尚お遠し。若し聞解し思惟し修習することを得ば、必ず阿耨多羅三藐三菩提に近づくことを得たりと知れ。所以は何ん、一切の菩薩の阿耨多羅三藐三菩提は皆此の経に属せり。此の経は方便の門を開いて真実の相を示す。是の法華経の蔵は深固幽遠にして人の能く到るなし。今仏、菩薩を教化し成就して為に開示す。薬王、若し菩薩あって是の法華経を聞いて驚疑し怖畏せん。当に知るべし、是れを新発意の菩薩と為づく。若し声聞の人是の経を聞いて驚疑し怖畏せん。当に知るべし。是れを増上慢の者となづく。
 薬王、若し善男子・善女人あって、如来の滅後に四衆の為に是の法華経を説かんと欲せば、云何してか説くべき。是の善男子・善女人は、如来の室に入り如来の衣を著如来の座に坐して、爾して乃し四衆の為に広く斯の経を説くべし。如来の室とは一切衆生の中の大慈悲心是れなり。如来の衣とは柔和忍辱の心是れなり。如来の座とは一切法空是れなり。是の中に安住して、然して後に不懈怠の心を以て、諸の菩薩及び四衆の為に、広く是の法華経を説くべし。薬王、我余国に於て、化人を遣わして其れが為に聴法の衆を集め、亦化の比丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷を遣わして其の説法を聴かしめん。是の諸の化人、法を聞いて信受し随順して逆らわじ。若し説法者空閑の処に在らば、我時に広く天・龍・鬼神・乾闥婆・阿修羅等を遣わして、其の説法を聴かしめん。我異国に在りと雖も、時時に説法者をして我が身を見ることを得せしめん。若し此の経に於て句逗を忘失せば、我還って為に説いて具足することを得せしめん。
 爾の時に世尊、重ねて此の義を宣べんと欲して、偈を説いて言わく、
  諸の懈怠を捨てんと欲せば 当に此の経を聴くべし
  是の経は聞くことを得難し 信受する者亦難し
  人の渇して水を須いんとして 高原を穿鑿するに
  猶お乾燥ける土を見ては 水を去ること尚遠しと知る
  漸く湿える土泥を見ては 決定して水に近づきぬと知らんが如し
  薬王汝当に知るべし 是の如き諸人等
  法華経を聞かずんば 仏智を去ること甚だ遠し
  若し是の深経の 声聞の法を決了して
  是れ諸経の王なるを聞き 聞き已って諦かに思惟せん
  当に知るべし此の人等は 仏の智慧に近づきぬ
  若し人此の経を説かば 如来の室に入り
  如来の衣を著 而も如来の座に坐して
  衆に処して畏るる所なく 広く為に分別し説くべし
  大慈悲を室とし 柔和忍辱を衣とし
  諸法空を座とす 此れに処して為に法を説け
  若し此の経を説かん時 人あって悪口し罵り
  刀杖瓦石を加うとも 仏を念ずるが故に忍ぶべし
  我千万億の土に 浄堅固の身を現じて
  無量億劫に於て 衆生の為に法を説く
  若し我滅度の後に 能く此の経を説かん者には
  我化の四衆 比丘比丘尼
  及び清信士女を遣わして 法師を供養せしめ
  諸の衆生を引導して 之を集めて法を聴かしめん
  若し人悪 刀杖及び瓦石を加えんと欲せば
  則ち変化の人を遣わして 之が為に衛護と作さん
  若し説法の人 独空閑の処に在って
  寂莫として人の声なからんに 此の経典を読誦せば
  我爾の時に為に 清浄光明の身を現ぜん
  若し章句を忘失せば 為に説いて通利せしめん
  若し人是の徳を具して 或は四衆の為に説き
  空処にして経を読誦せば 皆我が身を見ることを得ん
  若し人空閑にあらば 我天龍王
  夜叉鬼神等を遣わして 為に聴法の衆となさん
  是の人法を楽説し 分別して・礙なからん
  諸仏護念したもうが故に 能く大衆をして喜ばしめん
  若し法師に親近せば 速かに菩薩の道を得
  是の師に随順して学せば 恒沙の仏を見たてまつることを得ん

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。