一説妙法(5)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一説妙法(5)

 

今、平等大慧教菩薩法仏所護念の妙法華経をもって

 

主、親、師の事を説き明かせば

 

妙法華経の中には、教・行・証、是等皆具足しています

 

主とは、教の主の事で、即ち教主 です

親とは、行の親の事で、即ち行親 です

師とは、証の師の事で、即ち証師 です

 

教なければ行無し、行なければ証無し

主なければ親無し、親なければ師無し

 

平等大慧教菩薩法仏所護念の妙法華経は、大衆の為に説かれる約束なので

即ち、天上天下の大衆の為に説かれたものです。

 

此の故に、此の仏を天上天下唯我独尊の

主、親、師、即ち

教主、行親、証師、皆具足している由縁です。

 

此の仏に従い奉って、

 

妙法蓮華経譬喩品第三

『法を聞いて信受し、勤修精進して一切智・仏智・自然智・無師智・如来の知見・力・無所畏を求め、無量の衆生を愍念安楽し、天人を利益し一切を度脱する、是れを大乗と名く。』

 

此の事を

『求むるが故に名けて摩訶薩とす』

 

(第一義 序章終わり)

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。