一真実証明(4)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一真実証明(4)

妙法蓮華経陀羅尼品第二十六に


『一四句偈を受持し、読誦し解義し説の如くに修行せん、功徳甚だ多し。』

一四句偈を受持し、読誦し解義し説の如くに修行すれば、功徳甚だ多しともあるが、

現今までに、一四句偈が何であるか知る事も出来ず、修行するに修業の術がなかったが、

今、妙法華経の妙義によって之を明らかにすれば、次のようになります

     
     
 
     
     


このように、「蓮」を「一」とし、「妙法華経」をもって「四」とする

此を受持し読誦し解義し説の如く修行する者は、功徳甚だ多し、故に功徳を頂礼する者は、

先ず第一に妙法華経を受持し、読誦し解義し説の如くに修行しなければなりません

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。