妙法蓮華経見宝塔品第十一


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

妙法蓮華経見宝塔品第十一

 爾の時に仏前に七宝の塔あり。高さ五百由旬、縦広二百五十由旬なり。地より涌出して空中に住在す。種種の宝物をもって之を荘校せり。五千の欄楯あって龕室千万なり。無数の幢幡以て厳飾となし、宝の瓔珞を垂れ宝鈴万億にして其の上に懸けたり。四面に皆多摩羅跋栴檀の香を出して、世界に充遍せり。其の諸の幡蓋は金・銀・瑠璃・・・・碼碯・真珠・・瑰の七宝を以て合成し、高く四天王宮に至る。三十三天は天の曼陀羅華を雨して宝塔に供養し、余の諸天・龍・夜叉・乾闥婆・阿修羅・迦楼羅・緊那羅・摩・羅伽・人非人等の千万億衆は、一切の華・香・瓔珞・幡蓋・妓楽を以て宝塔に供養して、恭敬・尊重・讃歎したてまつる。
 爾の時に宝塔の中より大音声を出して、歎めて言わく
 善哉善哉、釈迦牟尼世尊、能く平等大慧・教菩薩法・仏所護念の妙法華経を以て大衆の為に説きたまう。是の如し、是の如し。釈迦牟尼世尊所説の如きは皆是れ真実なり。

 爾の時に四衆、大宝塔の空中に住在せるを見、又塔の中より出したまう所の音声を聞いて皆法喜を得、未曾有なりと怪み、座より而も起って恭敬合掌し、却って一面に住す。 爾の時に菩薩摩訶薩あり、大楽説と名く。一切世間の天・人・阿修羅等の心の所疑を知って、仏に白して言さく、
 世尊、何の因縁を以てか此の宝塔あって地より涌出し、又其の中より是の音声を発したもう。
 爾の時に仏、大楽説菩薩に告げたまわく、
 此の宝塔の中に如来の全身います。乃往過去に、東方の無量千万億阿僧祇の世界に、国を宝浄と名く、彼の中に仏います、号を多宝という。其の仏本菩薩の道を行ぜし時、大誓願を作したまわく、

 若し我成仏して滅度の後、十方の国土に於て法華経を説く処あらば、我が塔廟是の経を聴かんが為の故に、其の前に涌現して、為に証明と作って、讃めて善哉といわん
 彼の仏成道し已って、滅度の時に臨んで天人大衆の中に於て、諸の比丘に告げたまわく、我が滅度の後我が全身を供養せんと欲せん者は、一の大塔を起つべし。
 其の仏神通願力を以て、十方世界の在在処処に若し法華経を説くことあれば、彼の宝塔皆其の前に涌出して、全身、塔の中に在して讃めて善哉善哉と言う。大楽説、今多宝如来の塔、法華経を説くを聞きたまわんが故に、地より涌出して讃めて善哉善哉と言う。
 是の時に大楽説菩薩、如来の神力を以ての故に、仏に白して言さく、世尊、我等願わくは此の仏身を見たてまつらんと欲す。
 仏、大楽説菩薩摩訶薩に告げたまわく、是の多宝仏深重の願います。若し我が宝塔、法華経聴かんが為の故に諸仏の前に出でん時、其れ我が身を以て四衆に示さんと欲することあらば、彼の仏の分身の諸仏十方世界に在して説法したもうを、尽く一処に還し集めて、然して後に我が身乃ち出現せんのみ。大楽説、我が分身の諸仏十方世界に在って説法する者を、今当に集むべし。
 大楽説、仏に白して言さく、世尊、我等亦願わくは世尊の分身の諸仏を見たてまつり礼拝し供養せんと欲す。
 爾の時に仏白毫の一光を放ちたもうに、即ち東方五百万億那由他恒河沙等の国土の諸仏を見たてまつる。彼の諸の国土は皆頗黎を以て地とし、宝樹・宝衣を以て荘厳として、無数千万億の菩薩其の中に充満せり。遍く宝幔を張って宝網上に羅けたり。彼の国の諸仏、大妙音を以て諸法を説きたもう。及び無量千万億の菩薩の、諸国に遍満して衆の為に法を説くを見る。南・西・北方・四維・上下、白毫相の光の所照の処も亦復是の如し。
爾の時に十方の諸仏、各衆の菩薩に告げて言わく、
善男子、我今娑婆世界の釈迦牟尼仏の所に往き、竝に多宝如来の宝塔を供養すべし。
時に娑婆世界即ち変じて清浄なり。
瑠璃を地として宝樹荘厳し、黄金を縄として以て八道を界い、諸の聚落・村営・城邑・大海・江河・山川・林薮なく、大宝の香を焼き、曼陀羅華を遍く其の地に布き、宝の網幔を以て其の上に羅け覆い、諸の宝鈴を懸けたり。唯此の会の衆を留めて、諸の天人を移して他土に置く。是の時諸仏、各一りの大菩薩を将いて以て侍者とし、娑婆世界に為到って各宝樹の下に至りたもう。一一の宝樹高さ五百由旬、枝葉華果、次第に荘厳せり。諸の宝樹下に皆師子の座あり、高さ五由旬。亦大宝を以て之を校飾せり。爾の時に諸仏、各此の座に於て結跏趺坐したまう。是の如く展転して三千大千世界に遍満せり。而も釈迦牟尼仏の一方所分の身に於て、猶故未だ尽きず。
 時に釈迦牟尼仏、所分身の諸仏を容受せんと欲するが故に、八方に各更に二百万億那由他の国を変じて、皆清浄ならしめたもう。地獄・餓鬼・畜生及び阿修羅あることなし。又諸の天人を移して他土に置く。所化の国亦瑠璃を以て地とし宝樹荘厳せり。樹の高さ五百由旬、枝葉華果、次第に厳飾せり。樹下に皆宝の師子座あり、高さ五由旬。種々の諸宝以て荘校とす。亦大海・江河及び目真隣陀山・摩訶目真隣陀山・鉄圍山・大鉄圍山・須弥山等の諸山の王なく、通じて一仏国土となって宝地平正なり。宝をもって交露せる幔遍く其の上に覆い、諸の幡蓋を懸け、大宝の香を焼き、諸天の宝華遍く其の地に布けり。釈迦牟尼仏、諸仏の当に来り坐したもうべきが為の故に、復八方に於て、各二百万億那由他の国を変じて、皆清浄ならしめたもう。地獄・餓鬼・畜生及び阿修羅あることなし。又諸の天人を移して他土に置く。所化の国亦瑠璃を以て地とし宝樹荘厳せり。樹の高さ五百由旬、枝葉華果、次第に荘厳せり。樹下に皆宝の師子座あり、高さ五由旬。亦大宝を以て之を校飾せり。亦大海・江河及び目真隣陀山・摩訶目真隣陀山・鉄圍山・大鉄圍山・須弥山等の諸山の王なく、通じて一仏国土となって宝地平正なり。宝をもって交露せる幔遍く其の上に覆い、諸の幡蓋を懸け、大宝の香を焼き、諸天の宝華遍く其の地に布けり。
 爾の時に東方の釈迦牟尼仏の所分の身の百千万億那由他恒河沙等の国土の中の諸仏、各各に説法したまえる此に来集せり。是の如く次第に十方の諸仏皆悉く来集して、八方に坐したもう。爾の時に一一方の四百万億那由他の国土に諸仏如来其の中に遍満したまえり。
 是の時に諸仏各宝樹下に在して師子座に坐し、皆侍者を遣わして釈迦牟尼仏を問訊したもう。各宝華を齎ち掬に満てて、之に告げて言わく、
 善男子、汝耆闍崛山の釈迦牟尼仏の所に往詣して我が辞の如く曰せ、少病少悩、気力安楽にましますや。及び菩薩・声聞衆悉く安穏なりや不やと。此の宝華を以て仏に散じ供養して、是の言をなせ、彼の某甲の仏此の宝塔を開かんと与欲すと。
 諸仏使を遣わしたもうこと亦復是の如し。
 爾の時に釈迦牟尼仏、所分身の諸仏悉く已に来集して、各各に師子の座に坐したもうを見わし、皆諸仏の同じく宝塔を開かんと与欲したもうを聞こしめして、即ち座より起って虚空の中に住したもう。一切の四衆起立合掌し、一心に仏を観たてまつる。
 是に釈迦牟尼仏右の指を以て七宝塔の戸を開きたもう。大音声を出すこと、關鑰却けて大城の門を開くが如し。即時に一切の衆会、皆多宝如来の宝塔の中に於て師子座に坐したまい、全身散ぜざること禅定に入るが如くなるを見、又其の、
 善哉善哉釈迦牟尼仏、快く是の法華経を説きたもう、我是の経を聴かんが為の故に而も此に来至せりと言うを聞く。爾の時に四衆等、過去の無量百千万億劫に滅度したまいし仏の、是の如き言を説きたもうを見て、未曾有なりと歎じ、天の宝華聚を以て多宝仏及び釈迦牟尼仏の上に散ず。
 爾の時に多宝仏、宝塔に中に於て、半座を分ち釈迦牟尼仏に与えて、是の言をなしたまわく、釈迦牟尼仏此の座に就きたもうべし。即時に釈迦牟尼仏其の塔中に入り、其の半座に坐して結跏趺坐したもう。
 爾の時に大衆、二如来の七宝塔中の師子座上に在して結跏趺坐したもうを見たてまつり、各是の念をなさく、
 仏高遠に坐したまえり。唯願わくは如来、神通力を以て我が等輩をして倶に虚空に処せしめたまえ。
 即時に釈迦牟尼仏、神通力を以て諸の大衆を接して皆虚空に在きたもう。大音声を以て普く四衆に告げたまわく、
 誰か能く此の娑婆国土に於て広く妙法華経を説かん。今正しく是れ時なり。
如来久しからずして当に涅槃に入るべし。仏、此の妙法華経を以て付属して在ることあらしめんと欲す。
 爾の時に世尊、重ねて此の義を宣べんと欲して、偈を説いて言わく、
  聖主世尊 久しく滅度したもうと雖も
  宝塔の中に在して 尚お法の為に来りたまえり
  諸人云何ぞ 勤めて法の為にせざらん
  此の仏滅度したまいて 無央数劫なり
  処処に法を聴きたもうことは 遇い難きを以ての故なり
  彼の仏の本願は 我滅度の後
  在在所往に 常に法を聴かんが為にせん
  又我が分身 無量の諸仏
  恒沙等の如く 来れる法を聴き
  及び滅度の 多宝如来を見たてまつらんと欲して
  各妙土 及び弟子衆
  天人龍神 諸の供養の事を捨てて
  法をして久しく住せしめんが 故に此に来至したまえり
  諸仏を坐せしめんが為に 神通力を以て
  無量の衆を移して 国をして清浄ならしむ
  諸仏各各に 宝樹下に詣りたもう
  清涼池の 蓮華荘厳せるが如し
  其の宝樹下の 諸の師子座に
  仏其の上に坐したまいて 光明厳飾せること
  夜の闇の中に 大なる炬火を然せるが如し
  身より妙香を出して 十方の国に遍じたもう
  衆生薫を蒙って 喜自ら勝えず
  譬えば大風の 小樹の枝を吹くが如し
  是の方便を以て 法をして久しく住せしむ
  諸の大衆に告ぐ 我が滅度の後に
  誰か能く 斯の経を護持し読誦せん
  今仏前に於て 自ら誓言を説け
  其れ多宝仏 久しく滅度したもうと雖も
  大誓願を以て 師子吼したもう
  多宝如来 及与我が身
  集むる所の化仏 当に此の意を知るべし
  諸の仏子等 誰か能く法を護らん
  当に大願を発して 久しく住することを得せしむべし
  其れ能く 此の経法を護ることあらん者は
  則ち為れ 我及び多宝を供養するなり
  此の多宝仏 宝塔に処して
  常に十方に遊びたもう 是の経の為の故なり
  亦復 諸の来りたまえる化仏の
  諸の世界を 荘厳し光飾したもう者を供養するなり
  若し此の経を説かば 則ち為れ我
  多宝如来 及び諸の化仏を見たてまつるなり
  諸の善男子 各諦かに思惟せよ
  此れは為れ難事なり 宜く大願を発こすべし
  諸余の経典 数恒沙の如し
  此等を説くと雖も 未だ難しと為すに足らず
  若し須弥を接って 他方の
  無数の仏土に擲げ置かんも 亦未だ難しとせず
  若し足の指を以て 大千界を動かし
  遠く他国に擲げんも 亦未だ難しとせず
  若し有頂に立って 衆の為に
  無量の余経を演説せんも 亦未だ難しとせず
  若し仏の滅後に 悪世の中に於て
  能く此の経を説かん 是れ則ち難しとす
  仮使人あって 手に虚空を把って
  以て遊行すとも 亦未だ難しとせず
  我が滅後に於て 若しは自らも書き持ち
  若しは人をしても書かしめん 是れ則ち難しとす
  若し大地を以て 足の甲の上に置いて
  梵天に昇らんも 亦未だ難しとせず
  仏の滅度の後に 悪世の中に於て
  暫くも此の経を読まん 是れ則ち難しとす
  仮使劫焼に 乾たる草を担い負うて
  中に入って焼けざらんも 亦未だ難しとせず
  我が滅度の後に 若し此の経を持って
  一人の為にも説かん 是れ則ち難しとす
  若し八万 四千の法蔵
  十二部経を持って 人の為に演説して
  諸の聴かん者をして 六神通を得せしめん
  能く是の如くすと雖も 亦未だ難しとせず
  我が滅後に於て 此の経を聴受して
  其の義趣を問わん 是れ則ち難しとす
  若し人法を説いて 千万億
  無量無数 恒沙の衆生をして
  阿羅漢を得 六神通を具せしめん
  是の益ありと雖も 亦未だ難しとせず
  我が滅後に於て 若し能く
  斯の如き経典を奉持せん 是れ則ち難しとす
  我仏道を為て 無量の土に於て
  始より今に至るまで 広く諸経を説く
  而も其の中に於て 此の経第一なり
  若し能く持つことあるは 則ち仏身を持つなり
  諸の善男子 我が滅後に於て
  誰か能く 此の経を受持し読誦せん
  今仏前に於て 自ら誓言を説け
  此の経は持ち難し 若し暫くも持つ者は
  我即ち歓喜す 諸仏も亦然なり
  是の如きの人は 諸仏の歎めたもう所なり
  是れ則ち勇猛なり 是れ則ち精進なり
  是れを戒を持ち 頭陀を行ずる者と名く
  則ち為れ疾く 無上の仏道を得たり
  能く来世に於て 此の経を読み持たんは
  是れ真の仏子 淳善の地に住するなり

  仏の滅度の後に 能く其の義を解せんは
  是れ諸の天人 世間の眼なり
  恐畏の世に於て 能く須臾も説かんは
  一切の天人 皆供養すべし

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。