一真実証明(3)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一真実証明(3)

如来の秘密神通の力により、

一般大衆は、仏の初説、中説、高説のある事を知らず

初説は、釈尊久遠の時、日本国出世を以って、初印とし

中説は、釈尊印度月氏国に出世の時を以って、中印とし

高説は、日本国に於いて今、妙法華経地上に出現し是を以って、高説の時期に入りました

 

  初説   久遠の時   日本国
           
  中説   釈尊出世   印度月氏国
           
  高説   平等大慧教菩薩法
仏所護念真実証明
の妙法華経出現後
  日本国


『初説、中説』は、何れも之方便にして、世尊の法は久しくして後、真実を説き給うと

妙法蓮華経譬喩品第三に

『舎利弗、彼の長者の初め三車を以て諸子を誘引し、然して後に但大車の宝物荘厳し安穏第一なることを与うるに、然も彼の長者虚妄の咎なきが如く、如来も亦復是の如し。虚妄あることなし。』

『初め三乗を説いて衆生を引導し、然して後に但大乗を以て之を度脱す。』等

 

  高説   妙法華経    妙車 (大白牛車)大乗   真実
              ↑    
  中説   権経   (羊車)声聞乗
(鹿車)辟支仏乗
(牛車)仏乗
  方便


声聞乗、辟支仏乗、仏乗も之れ仏の方便譬喩であり、

羊車は「キリスト」西洋を現わし

鹿車は「レニン」共産北洋を現わし、

牛車は「薬師」東洋を現わしたもので

いずれも、仏の中説の内です

唯、大白牛車、妙車の妙法華経を以って真実大乗とし、又是が高説です

此の妙法華経を以って、一般大衆が救われる事が出来るのです

妙法華経は大衆の為に説かれた教なるが故に、大衆は誰でも今すぐ入る事が出来、救われるのです

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。