妙法蓮華経譬喩品第三


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

妙法蓮華経譬喩品第三

 爾の時に舎利弗、踊躍歓喜して即ち起って合掌し、尊顔を瞻仰して仏に白して言さく、
 今世尊に従いたてまつりて此の法音を聞いて、心に踊躍を懐き未曾有なることを得たり。所以は何ん、我昔仏に従いたてまつりて是の如き法を聞き、諸の菩薩の受記作仏を見しかども、而も我等は斯の事に預らず。甚だ自ら如来の無量の知見を失えることを感傷しき。世尊、我常に独山林樹下に処して、若しは坐若しは行じて毎に是の念を作しき、我等も同じく法性に入れり、云何ぞ如来小乗の法を以て済度せられと。是れ我等が咎なり、世尊には非ず。所以は何ん、若し我等、所因の阿耨多羅三藐三菩提を成就することを説きたもうを待たば、必ず大乗を以て度脱せらるることを得ん。然るに我等方便随宜の所説を解らずして、初め仏法を聞いて遇便ち信受し、思惟して証を取れり。世尊、我昔より来、終日竟夜毎に自ら剋責しき。而るに今仏に従いたてまつりて、未だ聞かざる所の未曾有の法を聞いて諸の疑悔を断じ、身意泰然として快く安穏なることを得たり、今日乃ち知んぬ。
 真に是れ仏子なり。仏口より生じ法化より生じて、仏法の分を得たり。
 爾の時に舎利弗、重ねて此の義を宣べんと欲して、偈を説いて言さく、
  我是の法音を聞いて 未曾有なる所を得て
  心に大歓喜を懐き 疑網皆已に除こりぬ
  昔より来仏教を蒙って 大乗を失わず
  仏の音は甚だ希有にして 能く衆生の悩を除きたもう
  我已に漏尽を得れども 聞いて亦憂悩を除く
  我山谷に処し 或は林樹の下に在って
  若しは坐し若しは経行して 常に是の事を思惟し
  鳴呼して深く自ら責めき 云何ぞ而も自ら欺ける
  我等も亦仏子にして 同じく無漏の法に入れども
  未来に於て 無上道を演説すること能わず
  金色三十二 十力諸の解脱
  同じく共に一法の中にして 此の事を得ず
  八十種の妙好 十八不共の法
  是の如き等の功徳 而も我皆已に失えり
  我独経行せし時 仏大衆に在して
  名聞十方に満ち 広く衆生を饒益したもうを見て
  自ら惟わく此の利を失えり 我為れ自ら欺誑せりと
  我常に日夜に 毎に是の事を思惟して
  以て世尊に問いたてまつらんと欲す 為めて失えりや為めて失わずや
  我常に世尊を見たてまつるに 諸の菩薩を称讃したもう
  是を以て日夜に 此の如き事を籌量しき
  今仏の音声を聞きたてまつるに 宜しきに随って法を説きたまえり
  無漏は思議し難し 衆をして道場に至らしむ
  我本邪見に著して 諸の梵志の師と為りき
  世尊我が心を知しめして 邪を抜き涅槃を説きたまいしかば
  我悉く邪見を除いて 空法に於て証を得たり
  爾の時に心自ら謂いき 滅度に至ることを得たりと
  而るに今乃ち自ら覚りぬ 是れ実の滅度に非ず
  若し作仏することを得ん時は 三十二相を具し
  天人夜叉衆 龍神等恭敬せん
  是の時乃ち謂うべし 永く尽滅して余なしと
  仏大衆の中に於て 我当に作仏すべしと説きたもう
  是の如き法音を聞きたてまつりて 疑悔悉く已に除こりぬ
  初め仏の所説を聞いて 心中大に驚疑しき
  将に魔の仏と作って 我が心を悩乱するに非ずやと
  仏種々の縁 譬喩を以て巧みに言説したもう
  其の心安きこと海の如し 我聞いて疑網断じぬ
  仏説きたまわく過去世の 無量の滅度の仏も
  方便の中に安住して 亦皆是の法を説きたまえり
  現在未来の仏 其の数量あること無きも
  亦諸の方便を以て 是の如き法を演説したもう
  今者の世尊の如きも 生じたまいし従り及び出家し
  得道し法輪を転じたもうまで 亦方便を以て説きたもう
  世尊は実道を説きたもう 波旬は此の事無し
  是を以て我定めて知んぬ 是れ魔の仏と作るには非ず
  我疑網に堕するが故に 是れ魔の所為と謂えり
  仏の柔軟の音 深遠に甚だ微妙にして
  清浄の法を演暢したもうを聞いて 我が心大に歓喜し
  疑悔永く已に尽き 実智の中に安住す
  我定めて当に作仏して 天人に敬わるることを為
  無上の法輪を転じて 諸の菩薩を教化すべし
 爾の時に仏、舎利弗に告げたまわく、
 吾今天・人・沙門・婆羅門等の大衆の中に於て説く。我昔曾て二万億の仏の所に於て、無上道の為の故に常に汝を教化す。汝亦長夜に我に随って受学しき。我方便を以て汝を引導せしが故に、我が法の中に生ぜり。
 舎利弗、我昔汝をして仏道を志願せしめき。汝今悉く忘れて、便ち自ら已に滅度を得たりと謂えり。
 我今還って汝をして本願所行の道を憶念せしめんと欲するが故に、諸の声聞の為に是の大乗経の妙法蓮華・教菩薩法・仏所護念と名くるを説く。
 舎利弗、汝未来世に於て、無量無辺不可思議劫を過ぎて、若干千万億の仏を供養し、正法を奉持し菩薩所行の道を具足して、当に作仏することを得べし。号を華光如来・応供・正遍知・明行足・善逝・世間解・無上士・調御丈夫・天人師・仏・世尊といい、国を離垢と名けん。其の土平正にして清浄厳飾に、安穏豊楽にして天人熾盛ならん。瑠璃を地となして、八つの交道あり。黄金を縄と為して以て其の側を界い、其の傍に各七宝の行樹あって、常に華果あらん。華光如来亦三乗を以て衆生を教化せん。舎利弗、彼の仏出でたまわん時は悪世に非ずと雖も、本願を以ての故に三乗の法を説かん。其の劫を大宝荘厳と名けん。何が故に名けて大宝荘厳という、其の国の中には菩薩を以て大宝と為すが故なり。彼の諸の菩薩、無量無辺不可思議にして、算数譬喩も及ぶこと能わざる所ならん。仏の智力に非ずんば能く知る者なけん。若し行かんと欲する時は宝華足を承く。此の諸の菩薩は、初めて意を発せるに非ず。皆久しく徳本を植えて、無量百千万億の仏の所に於て浄く梵行を修し、恒に諸仏に称歎せらるることを為、常に仏慧を修し大神通を具し、善く一切諸法の門を知り、質直無偽にして志念堅固ならん。是の如き菩薩其の国に充満せん。舎利弗、華光仏は寿十二小劫ならん。王子と為て未だ作仏せざる時をば除く。其の国の人民は寿八小劫ならん。華光如来十二小劫を過ぎて、堅満菩薩に阿耨多羅三藐三菩提の記を授け、諸の比丘に告げん、
 是の堅満菩薩次に当に作仏すべし。号を華足安行・多陀阿伽度・阿羅訶・三藐三仏陀といわん。其の仏の国土も亦復是の如くならんんと。
 舎利弗、是の華光仏の滅度の後、正法世に住すること三十二小劫、像法世に住すること亦三十二小劫ならん。
 爾の時に世尊、重ねて此の義を宣べんと欲して、偈を説いて言わく、
  舎利弗来世に 仏普智尊と成って
  号を名けて華光といわん 当に無量の衆を度すべし
  無数の仏を供養し 菩薩の行
  十力等の功徳を具足して 無上道を証せん
  無量劫を過ぎ已って 劫を大宝厳と名け
  世界を離垢と名けん 清浄にして瑕穢なく
  瑠璃を以て地と為し 金縄其の道を界い
  七宝雑色の樹に 常に華果実あらん
  彼の国の諸の菩薩 志念常に堅固にして
  神通波羅蜜 皆已に悉く具足し
  無数の仏の所に於て 善く菩薩の道を学せん
  是の如き等の大士 華光仏の所化ならん
  仏王子たらん時 国を棄て世の栄を捨てて
  最末後の身に於て 出家して仏道を成ぜん
  華光仏世に住する 寿十二小劫
  其の国の人民衆は 寿命八小劫ならん
  仏の滅度の後 正法世に住すること
  三十二小劫 広く諸の衆生を度せん
  正法滅尽し已って 像法三十二
  舎利広く流布して 天人普く供養せん
  華光仏の所為 其の事皆是の如し
  其の両足聖尊 最勝にして倫匹なけん
  彼即ち是れ汝が身なり 宜しく応に自ら欣慶すべし
 爾の時に四部の衆・比丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷・天・龍・夜叉・乾闥婆・阿修羅・迦楼羅・緊那羅・摩・羅伽等の大衆、舎利弗の仏前に於て阿耨多羅三藐三菩提の記を受くるを見て、心大に歓喜し踊躍すること無量なり。各各に身に著たる所の上衣を脱いで以て仏に供養す。釈提桓因、梵天王等、無数の天子と、亦天の妙衣・天の曼陀羅華・摩訶曼陀羅華等を以て仏に供養す。所散の天衣、虚空の中に住して自ら廻転す。諸天の伎楽百千万種、虚空の中に於て一時に倶に作し、衆の天華を雨らして是の言を作さく、
 仏昔波羅奈に於て初めて法輪を転じ、今乃ち復無上最大の法輪を転じたもう。

 爾の時に諸の天子、重ねて此の義を宣べんと欲して、偈を説いて言さく、
  昔波羅奈に於て 四諦の法輪を転じ
  分別して諸法 五衆の生滅を説き
  今復最妙 無上の大法輪を転じたもう
  是の法は甚だ深奥にして 能く信ずる者あること少し
  我等昔より来 数世尊の説を聞きたてまつるに
  未だ曾て是の如き 深妙の上法を聞かず
  世尊是の法を説きたもうに 我等皆随喜す
  大智舎利弗 今尊記を受くることを得たり
  我等亦是の如く 必ず当に作仏して
  一切世間に於て 最尊にして上あることなきことを得べし

  仏道は思議し・し 方便して宜しきに随って説きたもう
  我が所有の福業 今世若しは過世
  及び見仏の功徳 尽く仏道に廻向す
 爾の時に舎利弗、仏に白して言さく、
 世尊、我今復疑悔なし。親り仏前に於て阿耨多羅三藐三菩提の記を受くることを得たり。是の諸の千二百の心自在なる者昔学地に住せしに、仏常に教化して言わく、
 我が法は能く生・老・病・死を離れて涅槃を究竟すと。是の学無学の人亦各自ら我見及び有無の見等を離れたるを以て、涅槃を得たりと謂えり。而るに今世尊の前に於て、未だ聞かざる所を聞いて、皆疑惑に堕せり。善哉、世尊、願わくは四衆の為に其の因縁を説いて疑悔を離れしめたまえ。
 爾の時に仏、舎利弗に告げたまわく、
 我先に諸仏世尊の種々の因縁・譬喩・言辞を以て方便して法を説きたもうは、皆阿耨多羅三藐三菩提の為なりと言わずや。是の諸の所説は皆菩薩を化せんが為の故なり。然も舎利弗、今当に復譬喩を以て更に此の義を明すべし。諸の智あらん者、譬喩を以て解ることを得ん。舎利弗、若し国邑聚落に大長者あらん。其の年衰邁して、財富無量なり。多く田宅及び諸の僮僕あり。其の家広大にして唯一門あり。諸の人衆多くして一百・二百乃至五百人其の中に止住せり。堂閣朽ち故り、墻壁頽れ落ち、柱根腐ち敗れ、梁棟傾き危し。周・して倶時に・然に火起って舎宅を焚焼す。長者の諸子、若しは十・二十・或は三十に至るまで此の宅の中にあり。長者是の大火の四面より起るを見て、即ち大に驚怖して是の念を作さく、
 我は能く此の所焼の門より安穏に出ずることを得たりと雖も、而も諸子等、火宅の内に於て嬉戲に楽著して、覚えず知らず驚かず怖じず。火来って身を逼め苦痛己を切むれども心厭患せず、出でんと求むる意なし。
 舎利弗、是の長者是の思惟を作さく、
 我身手に力あり。当に衣・を以てや若しは几案を以てや、舎より之を出すべき。
 復更に思惟すらく、
 是の舎は唯一門あり而も復狭小なり。諸子幼稚にして未だ識る所あらず、戲処に恋著せり。或は当に堕落して火に焼かるべし、我当に為に怖畏の事を説くべし。此の舎已に焼く、宜しく時に疾く出でて火に焼害せられしむることなかるべし。
 是の念を作し已って、思惟する所の如く具に諸子に告ぐ、汝等速かに出でよと。
 父憐愍して善言をもって誘諭すと雖も、而も諸子等嬉戲に楽著し肯て信受せず、驚かず畏れず、了に出ずる心なし。亦復何者か是れ火、何者か為れ舎、云何なるをか失うと為すを知らず。但東西に走り戲れて父を視て已みぬ。爾の時に長者即ち是の念を作さく、
 此の舎已に大火に焼かる。我及び諸子若し時に出でずんば必ず焚かれん。我今当に方便を設けて、諸子等をして斯の害を免るることを得せしむべし。
 父諸子の先心に各好む所ある、種々の珍玩奇異の物には情必ず楽著せんと知って、之に告げて言わく、
 汝等が玩好するところは希有にして得難し。汝若し取らずんば後に必ず憂悔せん。此の如き種々の羊車・鹿車・牛車、今門外にあり、以て遊戲すべし。汝等此の火宅より宜しく速かに出で来るべし。汝が所欲に随って皆当に汝に与うべし。
 爾の時に諸子、父の所説の珍玩の物を聞くに、其の願に適えるが故に、心各勇鋭して互に相推排し、競うて共に馳走し争うて火宅を出ず。
 是の時に長者、諸子等の安穏に出ずることを得て、皆四衢道の中の露地に於て坐して復障碍無く、其の心泰然として歓喜踊躍するを見る。時に諸子等各父に白して言さく、父先に許す所の玩好の具の羊車・鹿車・牛車、願わくは時に賜与したまえ。
 舎利弗、爾の時に長者各諸子に等一の大車を賜う。其の車高広にして衆宝荘校し、周・して欄楯あり。四面に鈴を懸け、又其の上に於て・蓋を張り設け、亦珍奇の雑宝を以て之を厳飾し、宝縄絞絡して諸の華瓔を垂れ、・・を重ね敷き丹枕を安置せり。駕するに白牛を以てす。膚色充潔に形体・好にして大筋力あり。行歩平正にして其の疾きこと風の如し。又僕従多くして之を侍衛せり。所以は何ん、是の大長者財富無量にして、種々の庫蔵悉く皆充溢せり。而も是の念を作さく、我が財物極まりまし、下劣の小車を以て諸子等に与うべからず。今此の幼童は皆是れ吾が子なり。愛するに偏黨なし。我是の如き七宝の大車あって其の数無量なり。当に等心にして各各に之を与うべし。宜しく差別すべからず。所以は何ん、我が此の物を以て周く一国に給うとも、なお匱しからじ。何に況んや諸子をや。是の時に諸子、各大車に乗って未曾有なることを得るは、本の所望に非ざるが若し。舎利弗、汝が意に於て云何。是の長者、等しく諸子に珍宝の大車を与うること寧ろ虚妄ありや不や。舎利弗の言さく、不なり。世尊、是の長者、但諸子をして火難を免れ其の躯命を全うすることを得せしむとも、これ虚妄に非ず。何を以ての故に、若し身命を全うすれば便ち為れ已に玩好の具を得たるなり。況んや復方便して彼の火宅より而も之を抜済せるをや。世尊、若し是の長者、乃至最小の一車を与えざるも、猶お虚妄ならじ。何を以ての故に、是の長者先に是の意を作さく、我方便を以て子をして出ずることを得せしめんと。是の因縁を以て虚妄なし。何に況んや、長者自ら財富無量なりと知って、諸子を饒益せんと欲して等しく大車を与うるをや。
 仏、舎利弗に告げたまわく、
 善哉善哉、汝が所言の如し。舎利弗、如来も亦復是の如し。則ち為れ一切世間の父なり。諸の怖畏・衰悩・憂患・無明・暗蔽に於て永く尽くして余なし。而も悉く無量の知見・力・無所畏を成就し、大神力及び智慧力あって方便・智慧波羅蜜を具足す。大慈大悲常に懈倦なく、恒に善事を求めて一切を利益す。而も三界の朽ち故りたる火宅に生ずること、衆生の生・老・病・死・憂悲苦悩・愚痴暗蔽・三毒の火を度し、教化して阿耨多羅三藐三菩提を得せしめんが為なり。諸の衆生を見るに生・老・病・死・憂悲苦悩に焼煮せられ、亦五欲財利を以ての故に種々の苦を受く。又貧著し追求するを以ての故に、現には衆苦を受け、後には地獄・畜生・餓鬼の苦を受く。若し天上に生れ及び人間に在っては貧窮困苦・愛別離苦・怨憎会苦、是の如き等の種々の諸苦あり。衆生其の中に没在して歓喜し遊戲して、覚えず知らず驚かず怖じず、亦厭うことを生さず解脱を求めず。此の三界の火宅に於て東西に馳走して、大苦に遭うと雖も以て患いとせず。舎利弗、仏此れを見已って便ち是の念を作さく、
 我はこれ衆生の父なり。其の苦難を抜き無量無辺の仏智慧の楽を与え、其れをして遊戲せしむべし。
 舎利弗、如来復是の念を作さく、
 若し我但神力及び智慧力を以て方便を捨てて、諸の衆生の為に如来の知見・力・無所畏を讃めば、衆生是れを以て得度すること能わじ。所以は何ん、是の諸の衆生未だ生・老・病・死・憂悲苦悩を免れずして、三界の火宅に焼かる。何に由ってか能く仏の智慧を解らん。舎利弗、彼の長者の復身手に力ありと雖も而も之を用いず、但慇懃の方便を以て諸子の火宅の難を勉済して、然うして後に各珍宝の大車を与うるが如く、如来も亦復是の如し。力・無所畏ありと雖も而も之を用いず、但智慧方便を以て三界の火宅より衆生を抜済せんとして、為に三乗の声聞・辟支仏・仏乗を説く。而も是の言を作さく、
 汝等楽って三界の火宅に住することを得ること莫れ。麁弊の色・声・香・味・触を貧ること勿れ。若し貧著して愛を生ぜば則ち為れ焼かれなん。汝等速かに三界を出でて、当に三乗の声聞・辟支仏・仏乗を得べし。我今汝が為に此の事を保任す、終に虚しからじ。汝等但当に勤修精進すべし。
 如来是の方便を以て衆生を誘進す。復是の言を作さく、汝等当に知るべし、此の三乗の法は皆是れ聖の称歎したもう所なり。自在無繋にして依求する所なし。是の三乗に乗じて、無漏の根・力・覚・道・禅定・解脱・三昧等を以て自ら娯楽して、便ち無量の安穏快楽を得べし。舎利弗、若し衆生あり、内に智性あって、仏世尊に従いたてまつりて法を聞いて信受し、慇懃に精進して速かに三界を出でんと欲して自ら涅槃を求むる、是れを声聞乗と名く。彼の諸子の羊車を求むるを以て火宅を出ずるが如し。若し衆生あり、仏世尊に従いたてまつりて法を聞いて信受し、慇懃に精進して自然慧を求め、独善寂を楽い深く諸法の因縁を知る、是れを辟支仏乗と名く。彼の諸子の鹿車を求むるを為て火宅を出ずるが如し。若し衆生あり、仏世尊に従いたてまつりて法を聞いて信受し、勤修精進して一切智・仏智・自然智・無師智・如来の知見・力・無所畏を求め、無量の衆生を愍念安楽し、天人を利益し一切を度脱する、是れを大乗と名く。菩薩此の乗を求むるが故に名けて摩訶薩とす。彼の諸子の牛車を求むるを為て火宅を出ずるが如し。舎利弗、彼の長者の、諸子等の安穏に火宅を出ずることを得て無畏の処に到るを見て、自ら財富無量なることを惟うて、等しく大車を以て諸子に賜えるが如く、如来も亦復是の如し。これ一切衆生の父なり。若し無量億千の衆生の、仏教の門を以て三界の苦怖畏の険道を出でて、涅槃の楽を得るを見ては、如来爾の時に便ち是の念を作さく、我無量無辺の智慧・力・無畏等の諸仏の法蔵あり。是の諸の衆生は皆是れ我が子なり。等しく大乗を与うべし。人として独滅度を得ることあらしめじ。皆如来の滅度を以て之を滅度せん。
 是の諸の衆生の三界を脱れたる者には、悉く諸仏の禅定・解脱等の娯楽の具を与う。皆是れ一相一種にして、聖の称歎したもう所なり。能く浄妙第一の楽を生ず。舎利弗、彼の長者の初め三車を以て諸子を誘引し、然して後に但大車の宝物荘厳し安穏第一なることを与うるに、然も彼の長者虚妄の咎なきが如く、如来も亦復是の如し。虚妄あることなし。初め三乗を説いて衆生を引導し、然して後に但大乗を以て之を度脱す。何を以ての故に、如来は無量の智慧・力・無所畏・諸法の蔵あって、能く一切衆生に大乗の法を与う。但尽くして能く受けず。舎利弗、是の因縁を以て当に知るべし、諸仏方便力の故に、一仏乗に於て分別して三と説きたもう。
 仏重ねて此の義を宣べんと欲して、偈を説いて言わく、
譬えば長者 一の大宅あらん
  其の宅久しく故りて 復頓弊し
  堂舎高く危く 柱根摧け朽ち
  梁棟傾き斜み 基陛頽れ毀れ
  墻壁・れ・け 泥塗褫け落ち
  覆苫乱れ墜ち 椽梠差い脱け
  周障屈曲して 雑穢充遍せり
  五百人あって 其の中に止住す
  鵄梟・鷲 烏鵲鳩鴿
  ・蛇蝮蠍 蜈蚣蚰蜒
  守宮百足 鼬貍・鼠
  諸の悪虫の輩 交横馳走す
  屎尿の臭き処 不浄流れ溢ち
  ・・諸虫 而も其の上に集まり
  狐狼野干 咀嚼践・し
  死屍を・齧して 骨肉狼藉し
  是れに由って群狗 競い来って搏撮し
  飢羸・惶して 処処に食を求む
  闘諍・掣し 啀・・吠す
  其の舎の恐怖 変ずる状是の如し
  処処に皆 魑魅魍魎
  夜叉悪鬼あり 人肉
  毒虫の属を食・す 諸の悪禽獣
  孚乳産生して 各自ら蔵し護る
  夜叉競い来り 争い取って之を食す
  之を食して既に飽きぬれば 悪心転た熾んにして
  闘諍の声 甚だ怖畏すべし
  鳩槃荼鬼 土・に蹲踞せり
  或時は地を離るること 一尺二尺
  往返遊行し 縦逸に嬉戲す
  狗の両足を捉って 撲って声を失わしめ
  脚を以て頚に加えて 狗を怖して自ら楽む
  復諸鬼あり 其の身長大に
  裸形黒痩にして 常に其の中に住せり
  大悪声を発して 叫び呼んで食を求む
  復諸鬼あり 其の咽針の如し
  復諸鬼あり 首牛頭の如し
  或は人の肉を食い 或は復狗を・う
  頭髪蓬乱し 残害兇険なり
  飢渇に逼まられて 叫喚馳走す
  夜叉餓鬼 諸の悪鳥獣
  飢急にして四に向い 窓・を・い看る
  是の如き諸難 恐畏無量なり
  是の朽ち故りたる宅は 一人に属せり
  其の人近く出でて 未だ久しからざるの間
  後に宅舎に 忽然に火起る
  四面一時に 其の焔倶に熾んなり
  棟梁椽柱 爆声震裂し
  摧折堕落し 墻壁崩れ倒る
  諸の鬼神等 声を揚げて大に叫ぶ
  ・鷲諸鳥 鳩槃荼等
  周・惶怖して 自ら出ずること能わず
  悪獣毒虫 孔穴に蔵竄し
  毘舎闍鬼 亦其の中に住せり
  福徳薄きが故に 火に逼まられ
  共に相残害して 血を飲み肉を・う
  野干の属 竝に已に前に死す
  諸の大悪獣 競い来って食・す
  臭煙蓬・して 四面に充塞す
  蜈蚣蚰蜒 毒蛇の類
  火に焼かれ 争い走って穴を出ず
  鳩槃荼鬼 随い取って食う
  又諸の餓鬼 頭上に火燃え
  飢渇熱悩して 周・し悶走す
  其の宅是の如く 甚だ怖畏すべし
  毒害火災 衆難一に非ず
  是の時に宅主 門外に在って立って
  有人の言うを聞く 汝が諸子等
  先に遊戲せしに因って 此の宅に来入し
  稚小無知にして 歓娯楽著せり
  長者聞き已って 驚いて火宅に入る
  方に宜しく救済して 焼害なからしむべし
  諸子の告諭して 衆の患難を説く
  悪鬼毒虫 災火蔓莚なり
  衆苦次第に 相続して絶えず
  毒蛇・蝮 及び諸の夜叉
  鳩槃荼鬼 野干狐狗
  ・鷲鵄梟 百足の属
  飢渇の悩急にして 甚だ怖畏すべし
  此の苦すら処し難し 況んや復大火をや
  諸子知ることなければ 父の誨を聞くと雖も
  なお楽著して 嬉戲すること已まず
  是の時に長者 而も是の念を作さく
  諸子此の如く 我が愁悩を益す
  今此の舎宅は 一の楽むべきなし
  而るに諸子等 嬉戲に・湎して
  我が教を受けず 将に火に害せられんとす
  即便思惟して 諸の方便を設けて
  諸子等に告ぐ 我種々の
  珍玩の具 妙宝の好車あり
  羊車鹿車 大牛の車なり
  今門外にあり 汝等出で来れ
  吾汝等が為に 此の車を造作せり
  意の所楽に随って 以て遊戲すべし
  諸子 此の如き諸の車を説くを聞いて
  即時に奔競し 馳走して出で
  空地に到って 諸の苦難を離る
  長者子の 火宅を出ずることを得て
  四衢に住するを見て 師子の座に坐せり
  而して自ら慶んで言わく 我今快楽なり
  此の諸子等 生育すること甚だ難し
  愚小無知にして 険宅に入れり
  諸の毒虫 魑魅多くして畏るべし
  大火猛焔 四面より倶に起れり
  而るに此の諸子 嬉戲に貧楽せり
  我已に之を救うて 難を脱るることを得せしめつ
  是の故に諸人 我今快楽なり
  爾の時に諸子 父の安坐せるを知って
  皆父の所に詣でて 父に白して言さく
  願わくは我等に 三種の宝車を賜え
  前に許したもう所の如き 諸子出で来れ
  当に三車を以て 汝が所欲に随うべしと
  今正しく是れ時なり 唯給与を垂れたまえ
  長者大に富んで 庫蔵衆多なり
  金銀瑠璃 ・・碼碯あり
  衆の宝物を以て 諸の大車を造れり
  荘校厳飾し 周・して欄楯あり
  四面に鈴を懸け 金縄絞絡して
  真珠の羅網 其の上に張り施し
  金華の諸纓 処処に垂れ下せり
  衆綵雑飾し 周・圍繞せり
  柔軟の・・ 以て茵蓐と為し
  上妙の細・ 価直千億にして
  鮮白浄潔なる 以て其の上に覆えり
  大白牛あり 肥壮多力にして
  形体・好なり 以て宝車を駕せり
  諸の・従多くして 之を侍衛せり
  是の妙車を以て 等しく諸子に賜う
  諸子是の時 歓喜踊躍して
  是の宝車に乗って 四方に遊び
  嬉戲快楽して 自在無碍ならんが如し
  舎利弗に告ぐ 我も亦是の如し
  衆聖の中の尊 世間の父なり
  一切衆生は 皆是れ吾が子なり
  深く世楽に著して 慧心あることなし
  三界は安きことなし 猶お火宅の如し
  衆苦充満して 甚だ怖畏すべし
  常に生老 病死の憂患あり
  是の如き等の火 熾然として息まず
  如来は已に 三界の火宅を離れて
  寂然として閑居し 林野に安処せり
  今此の三界は 皆是れ我が有なり
  其の中の衆生は 悉く是れ吾が子なり
  而も今此の処は 諸の患難多し
  唯我一人のみ 能く救護を為す
  復教詔すと雖も 而も信受せず
  諸の欲染に於て 貧著深きが故に
  是れを以て方便して 為に三乗を説き
  諸の衆生をして 三界の苦を知らしめ
  出世間の道を 開示演説す
  是の諸子等は 若し心決定しぬれば
  三明 及び六神通を具足し
  縁覚 不退の菩薩を得ることあり
  汝舎利弗 我衆生の為に
  此の譬喩を以て 一仏乗を説く
  汝等若し能く 是の語を信受せば
  一切皆当に 仏道を成ずることを得べし
  是の乗は微妙にして 清浄第一なり
  諸の世間に於て 為めて上あることなし
  仏の悦可したもう所 一切衆生の
  称讃し 供養し礼拝すべき所なり
  無量億千の 諸力解脱
  禅定智慧 及び仏の余の法あり
  是の如き乗を得せしめて 諸子等をして
  日夜劫数に 常に遊戲することを得
  諸の菩薩 及び声聞衆と
  此の宝乗に乗じて 直に道場に至らしむ
  是の因縁を以て 十方に諦かに求むるに
  更に余乗なし 仏の方便をば除く
  舎利弗に告ぐ 汝諸人等は
  皆是れ吾が子なり 我は則ち是れ父なり
  汝等累劫に 衆苦に焼かる
  我皆済抜して 三界を出でしむ
  我先に 汝等滅度すと説くと雖も
  但生死を尽くして 而も実には滅せず
  今作すべき所は 唯仏の智慧なり
  若し菩薩あらば 是の衆の中に於て
  能く一心に 諸仏の実法を聴け
  諸仏世尊は 方便を以てしたもうと雖も
  所化の衆生は 皆是れ菩薩なり
  若し人小智にして 深く愛欲に著せる
  此れ等を為ての故に 苦諦を説きたもう
  衆生心喜んで 未曾有なることを得
  仏の説きたもう苦諦は 真実にして異ることなし
  若し衆生あって 苦の本を知らず
  深く苦の因に著して 暫くも捨つること能わざる
  是れ等を為ての故に 方便して道を説きたもう
  諸苦の所因は 貪欲これ本なり
  若し貪欲を滅すれば 依止する所なし
  諸苦を滅尽するを 第三の諦と名く
  滅諦の為の故に 道を修行す
  諸の苦縛を離るるを 名けて解脱と為す
  是の人何に於てか 而も解脱を得る
  但虚妄を離るるを 解脱を得と名く
  其れ実には未だ 一切の解脱を得ず
  仏是の人は 未だ実に滅度せずと説きたもう
  斯の人未だ 無上道を得ざるが故に
  我が意にも 滅度に至らしめたりと欲わず
  我は為れ法王 法に於て自在なり
  衆生を安穏ならしめんが 故に世に現ず
  汝舎利弗 我が此の法印は
  世間を利益せんと 欲するを為ての故に説く
  所遊の方に在って 妄りに宣伝すること勿れ
  若し聞くこと有る者 随喜し頂受せん
  当に知るべし是の人は 阿・跋致なり
  若し此の経法を 信受すること有らん者
  是の人は已に曾て 過去の仏を見たてまつりて
  恭敬供養し 亦是の法を聞くけるなり
  若し人能く 汝が所説を信ずること有らんは
  則ち為れ我を見 亦汝
  及び比丘僧 竝びに諸の菩薩を見るなり
  斯の法華経は 深智の為に説く
  浅識は之を聞いて 迷惑して解らず
  一切の声聞 及び辟支仏は
  此の教の中に於て 力及ばざる所なり
  汝舎利弗 尚お此の経に於ては
  信を以て入ることを得たり
 況んや余の声聞をや
  其の余の声聞も 仏語を信ずるが故に
  此の経に随順す 己が智分に非ず
  又舎利弗 ・慢懈怠
  我見を計する者には 此の経を説くことなかれ
  凡夫の浅識 深く五欲に著せるは
  聞くとも解すること能わじ 亦為に説くことなかれ
  若し人信ぜずして 此の経を毀謗せば
  則ち一切世間の 仏種を断ぜん
  或は復・蹙して 疑惑を懐かん
  汝当に 此の人の罪報を説くを聴くべし
  若しは仏の在世 若しは滅度の後に
  其れ 斯の如き経典を誹謗することあらん
  経を読誦し書持すること あらん者を見て
  軽賎憎嫉して 結恨を懐かん
  此の人の罪報を 汝今復聴け
  其の人命終して 阿鼻獄に入らん
  一劫を具足して 劫尽きなば更生れん
  是の如く展転して 無数劫に至らん
  地獄より出でては 当に畜生に堕つべし
  若し狗野干としては 其の形・痩し
  ・・疥癩にして 人に触・せられ
  又復人に 悪み賎まれん
  常に飢渇に困んで 骨肉枯竭せん
  生きては楚毒を受け 死しては瓦石を被らん
  仏種を断ずるが故に 斯の罪報を受けん
  若しは・駝と作り 或は驢の中に生れて
  身に常に重きを負い 諸の杖捶を加えられん
  但水草を念うて 余は知る所なけん
  斯の経を謗するが故に 罪を獲ること是の如し
  有は野干と作って 聚落に来入せば
  身体疥癩にして 又一目なからんに
  諸の童子に 打擲せられ
  諸の苦痛を受けて 或時は死を致さん
  此に於て死し已って 更に蟒身を受けん
  其の形長大にして 五百由旬ならん
  聾・無足にして ・転腹行し
  諸の小虫に ・食せられて
  昼夜に苦を受くるに 休息あることなけん
  斯の経を謗するが故に 罪を獲ること是の如し
  若し人となることを得ては 諸根暗鈍にして
  ・陋・躄 盲聾背傴ならん
  言説する所あらんに 人信受せじ
  口に気常に臭く 鬼魅に著せられん
  貧窮下賎にして 人に使われ
  多病・痩にして 依怙する所なく
  人に親附すと雖も 人意に在かじ
  若し所得あらば 尋いで復忘失せん
  若し医道を修して 方に順じて病を治せば
  更に他の疾を増し 或は復死を致さん
  若し自ら病あらば 人の救療することなく
  設い良薬を服すとも 而も復増劇せん
  若しは他の反逆し 抄劫し窃盗せん
  是の如き等の罪 横まに其の殃に羅らん
  斯の如き罪人は 永く仏
  衆聖の王の 説法教化したもうを見たてまつらじ
  斯の如き罪人は 常に難所に生れ
  狂聾心乱にして 永く法を聞かじ
  無数劫の 恒河沙の如きに於て
  生れては輒ち聾唖にして 諸根不具ならん
  常に地獄に処すること 園観に遊ぶが如く
  余の悪道に在ること 己が舎宅の如く
  駝驢猪狗 是れ其の行処ならん
  斯の経を謗するが故に 罪を獲ること是の如し
  若し人と為ることを得ては 聾盲・唖にして
  貧窮諸衰 以て自ら荘厳し
  水腫乾・ 疥癩癰疽
  是の如き等の病 以て衣服と為ん
  身常に臭きに処して 垢穢不浄に
  深く我見に著して 瞋恚を増益し
  淫欲熾盛にして 禽獣を択ばじ
  斯の経を謗ずるが故に 罪を獲ること是の如し
  舎利弗に告ぐ 斯の経を謗せん者
  若し其の罪を説かんに 劫を窮むとも尽きじ
  是の因縁を以て 我故に汝に語る
  無智の人の中にして 此の経を説くことなかれ
  若し利根にして 智慧明了に
  多聞強識にして 仏道を求むる者あらん
  是の如きの人に 乃ち為に説くべし
  若し人曾て 億百千の仏を見たてまつりて
  諸の善本を植え 深心堅固ならん
  是の如き人に 乃ち為に説くべし
  若し人精進して 常に慈心を修し
  身命を惜まざらんに 乃ち為に説くべし
  若し人恭敬して 異心あることなく
  諸の凡愚を離れて 独山沢に処せん
  是の如きの人に 乃ち為に説くべし
  又舎利弗 若し人あって
  悪知識を捨てて 善友に親近するを見ん
  是の如きの人に 乃ち為に説くべし
  若し仏子の 持戒清潔なること
  浄明珠の如くにして 大乗経を求むるを見ん
  是の如きの人に 乃ち為に説くべし
  若し人瞋なく 質直柔軟にして
  常に一切を愍み 諸仏を恭敬せん
  是の如きの人に 乃ち為に説くべし
  復仏子 大衆の中に於て
  清浄の心を以て 種々の因縁
  譬喩言辞をもって 説法すること無碍なるあらん
  是の如きの人に 乃ち為に説くべし
  若し比丘の 一切智の為に
  四方に法を求めて 合掌し頂受し
  但楽って 大乗経典を受持して
  乃至 余経の一偈をも受けざるあらん
  是の如きの人に 乃ち為に説くべし
  人の至心に 仏舎利を求むるが如く
  是の如く経を求め 得已って頂受せん
  其の人復 余経を志求せず
  亦未だ曾て 外道の典籍を念ぜじ
  是の如きの人に 乃ち為に説くべし
  舎利弗に告ぐ 我是の相にして
  仏道を求むる者を説かんに 劫を窮むとも尽きじ
  是の如き等の人は 則ち能く信解せん
  汝当に為に 妙法華経を説くべし

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。