妙法蓮華経常不軽菩薩品第二十


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

妙法蓮華経常不軽菩薩品第二十

 爾の時に仏、得大勢菩薩摩訶薩に告げたまわく、汝今当に知るべし、若し比丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷の法華経を持たん者を、若し悪口・罵詈・誹謗することあらば、大なる罪報を獲んこと前に説く所の如し。其の所得の功徳は向に説く所の如く眼・耳・鼻・舌・身・意清浄ならん。得大勢、乃往古昔に無量無辺不可思議阿僧祇劫を過ぎて仏いましき。威音王如来・応供・正遍知・明行足・善逝・世間解・無上士・調御丈夫・天人師・仏・世尊と名けたてまつる。劫を離衰と名け、国を大成と名く。其の威音王仏彼の世の中に於て、天・人・阿修羅の為に法を説きたもう。声聞を求むる者の為には応ぜる四諦の法を説いて、生・老・病・死を度し涅槃を究竟せしめ、辟支仏を求むる者の為には応ぜる十二因縁の法を説き、諸の菩薩の為には、阿耨多羅三藐三菩提に因せて、応ぜる六波羅蜜の法を説いて仏慧を究竟せしむ。得大勢、是の威音王仏の寿は四十万億那由他恒河沙劫なり。正法世に住せる劫数は一閻浮提の微塵の如く、像法世に住せる劫数は四天下の微塵の如し。其の仏衆生を饒益し已って、然して後に滅度したまいき。正法・像法滅尽の後、此の国土に於て復仏出でたもうことありき。亦威音王如来・応供・正遍知・明行足・善逝・世間解・無上士・調御丈夫・天人師・仏・世尊と号けたてまつる。是の如く次第に二万億の仏います、皆同じく一号なり。最初の威音王如来既已に滅度したまいて、正法滅して後像法の中に於て、増上慢の比丘大勢力あり。爾の時に一りの菩薩比丘あり、常不軽と名く。得大勢、何の因縁を以てか常不軽と名くる。是の比丘凡そ見る所ある若しは比丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷を皆悉く礼拝讃歎して、是の言を作さく、
 我深く汝等を敬う、敢て軽慢せず。所以は何ん、汝等皆菩薩の道を行じて、当に作仏することを得べしと。
 而も是の比丘、専らに経典を読誦せずして、但礼拝を行ず。乃至遠く四衆を見ても、亦復故らに往いて礼拝讃歎して、是の言を作さく、
 我敢て汝等を軽しめず、汝等皆当に作仏すべきが故にと。
 四衆の中に瞋恚を生じて心不浄なるあり、悪口罵詈して言く、
 是の無知の比丘、何れの所より来って、自ら我汝を軽しめずと言って、我等が与に「当に作仏することを得べし」と授記する。我等是の如き虚妄の授記を用いずと。
 此の如く多年を経歴して、常に罵詈せらるれども瞋恚を生ぜずして、常に是の言を作す、汝当に作仏すべしと。
 是の語を説く時、衆人或は杖木・瓦石を以て之を打擲すれば、避け走り遠く住して、猶お高声に唱えて言わく、
 我敢て汝等を軽しめず、汝等皆当に作仏すべしと。其の常に是の語を作すを以ての故に、増上慢の比丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷、之を号して常不軽と為く。
 是の比丘終らんと欲する時に臨んで、虚空の中に於て、具さに威音王仏の先に説きたもう所の法華経二十千万億の偈を聞いて、悉く能く受持して、即ち上の如き眼根清浄・耳・鼻・舌・身・意根清浄を得たり。是の六根清浄を得已って、更に寿命を増すこと二百万億那由他歳、広く人の為に是の法華経を説く。時に増上慢の四衆の比丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷の是の人を軽賎して為に不軽の名を作せし者、其の大神通力・楽説弁力・大善寂力を得たるを見、其の所説を聞いて、皆信伏随従す。是の菩薩復千万億の衆を化して、阿耨多羅三藐三菩提に住せしむ。命終の後二千億の仏に値いたてまつることを得、皆日月燈明と号く。其の法の中に於て是の法華経を説く。是の因縁を以て復二千億の仏に値いたてまつる、同じ雲自在燈王と号く。此の諸仏の法の中に於て受持読誦して、諸の四衆の為に此の経典を説くが故に、是の常眼清浄・耳・鼻・舌・身・意の諸根の清浄を得て、四衆の中に於て法を説くに、心畏るる所なかりき。得大勢、是の常不軽菩薩摩訶薩は、是の如き若干の諸仏を供養し恭敬・尊重・讃歎して、諸の善根を種え、後に復千万億の仏に値いたてまつり、亦諸仏の法の中に於て是の経典を説いて、功徳成就して当に作仏することを得たり。得大勢、意に於て云何、爾の時に常不軽菩薩は豈に異人ならんや、則ち我が身是れなり。若し我宿世に於て此の経を受持し読誦し、他人の為に説かずんば疾く阿耨多羅三藐三菩提を得ること能わじ。我先仏の所に於て此の経を受持し読誦し、人の為に説きしが故に疾く阿耨多羅三藐三菩提を得たり。
 得大勢、彼の時の四衆の比丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷は、瞋恚の意を以て我を軽賎せしが故に、二百億劫常に仏に値わず、法を聞かず、僧を見て、千劫阿鼻地獄に於て大苦悩を受く。是の罪を畢え已って、復常不軽菩薩の阿耨多羅三藐三菩提に教化するに遇いにき。得大勢、汝が意に於て云何。爾の時に四衆の常に是の菩薩を軽しめし者は、豈に異人ならんや、今此の会中の跋陀婆羅等の五百の菩薩、師子月等の五百の比丘、尼思仏等の五百の優婆塞の、皆阿耨多羅三藐三菩提に於て退転せざる者是れなり。得大勢、当に知るべし、是の法華経は大に諸の菩薩摩訶薩を饒益して、能く阿耨多羅三藐三菩提に至らしむ。是の故に諸の菩薩摩訶薩、如来の滅後に於て、常に是の経を受持し読誦し解説し書写すべし。
 爾の時に世尊、重ねて此の義を宣べんと欲して、偈を説いて言わく、
  過去に仏いましき 威音王と号けたてまつる
  神智無量にして 一切を将導したもう
  天人龍神の 共に供養する所なり
  是の仏の滅後 法尽きなんと欲せし時
  一りの菩薩あり 常不軽と名く
  時に諸の四衆 法に計著せり
  不軽菩薩 其の所に往き到って
  而も之に語って言わく 我汝を軽しめず
  汝等道を行じて 皆当に作仏すべしと
  諸人聞き已って 軽毀罵詈せしに
  不軽菩薩 能く之を忍受しき
  其の罪畢え已って 命終の時に臨んで
  此の経を聞くことを得て 六根清浄なり
  神通力の故に 寿命を増益して
  復諸人の為に 広く是の経を説く
  諸の著法の衆 皆菩薩の
  教化し成就して 仏道に住せしむることを蒙る
  不軽命終して 無数の仏に値いたてまつる
  是の経を説くが故に 無量の福を得
  漸く功徳を具して 疾く仏道を成ず
  彼の時の不軽は 則ち我が身是れなり
  時の四部の衆の 著法の者の
  不軽の 汝当に作仏すべしというを聞きしは
  是の因縁を以て 無数の仏に値いたてまつる
  此の会の菩薩 五百の衆
  竝及に四部 清信士女の
  今我が前に於て 法を聴く者是れなり

  我前世に於て 是の諸人を勧めて
  斯の経の 第一の法を聴受せしめ
  開示して人を教えて 涅槃に住せしめ
  世世に 是の如き経典を受持しき
  億億万劫より 不可議に至って
  時に乃し 是の法華経を聞くことを得
  億億万劫より 不可議に至って
  諸仏世尊 時に是の経を説きたもう
  是の故に行者 仏の滅後に於て
  是の如き経を聞いて 疑惑を生ずることなかれ
  応当に一心に 広く此の経を説くべし
  世世に仏に値いたてまつりて 疾く仏道を成ぜん

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。